20歳前傷病による障害基礎年金|年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

20歳前傷病による障害基礎年金

 

本来であれば障害基礎年金を受けるためには、少なくとも初診日において被保険者等要件(及び初診日の前日において保険料納付要件)を満たさなければなりません。

 

したがって、初診日において20歳未満(第2号被保険者となってい場合を除く。)であった場合は、その傷病により障害等級に該当する程度の障害の状態になっていたとしても、障害基礎年金を受けることができなくなってしまいます。

 

しかし、たまたま未成年のときの傷病であったために無年金の障害者となってしまうのも不合理な話なので、このような場合は障害基礎年金が支給されます。これが20歳前傷病による障害基礎年金です。

 

20歳前傷病による障害基礎年金の年金額は、通常の障害基礎年金と同額ですが、一定額を超える所得がある場合等に2分の1または全額停止になります。

 

1、一般的な場合

 

傷病の初診日において20歳未満の者が、障害認定日以後に20歳に達したときは20歳に達した日において、障害認定日が20歳に達した日後であるときはその障害認定日において、障害等級に該当する程度の障害の状態にあるときは、その者に、第30条の4の規定による障害基礎年金が、それぞれその要件を満たした月の翌月から支給されます。

 

2、事後重症の場合

 

傷病の初診日において20歳未満であったもの(同日に被保険者でなかった者に限る)が、障害認定日以後に20歳に達したときは20歳に達した日後において、障害認定日が20歳に達した日後であるときはその障害認定日後において、その傷病により、65歳に達する日の前日までの間に、障害等級に該当する程度の障害の状態に該当するに至ったときは、65歳に達する日の前日までの期間内に限り、第30条の4の規定による障害基礎年金の支給を請求することができ、その請求のあった月の翌月から障害基礎年金が支給されます。

 

初診日が20歳前であっても第2号被保険者であれば、20歳前の障害基礎年金ではなく、一般的な障害基礎年金が支給される。

 

20歳前の傷病により障害→被保険者なら一般的な障害基礎年金、被保険者でなければ20歳前傷病による障害年金が支給される。





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運