20歳前 障害基礎年金|年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

20歳前に初診日がある場合の障害基礎年金について

 

20歳前の病気やけがにより障害が残り、20歳に達したとき(障害認定日が20歳以後の場合は、その障害認定日)に、障害基礎年金を請求し、障害等級1級・2級のいずれかに該当する場合、支給されます。
ただし、本人の前年所得によっては、障害基礎年金の一部または全部の支給が停止されます。

 

障害認定日とは
原則として病気やけがにより、初めて医師の診療を受けた日から1年6か月を経過した日。また1年6か月以内に症状が固定した日。





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運