障害基礎年金、障害厚生年金、傷害共済年金、特別障害給付金|年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

障害年金記事一覧

障害基礎年金の申請をするためには受給要件がある?

障害基礎年金の申請をするためには受給要件がある?障害基礎年金の申請をするためには年金が受けられる受給要件というのがあります。1、初診日(病気やけがで初めて医師の診療を受けた日)の前日において、国民年金の被保険者であること。または、国民年金の被保険者であった60歳k上65歳未満の方で、日本国内に住所を...

≫続きを読む

20歳前に初診日がある場合の障害基礎年金について

20歳前に初診日がある場合の障害基礎年金について20歳前の病気やけがにより障害が残り、20歳に達したとき(障害認定日が20歳以後の場合は、その障害認定日)に、障害基礎年金を請求し、障害等級1級・2級のいずれかに該当する場合、支給されます。ただし、本人の前年所得によっては、障害基礎年金の一部または全部...

≫続きを読む

障害基礎年金と老齢厚生年金の併給が可能になりました

障害基礎年金と老齢厚生年金の併給が可能になりました平成18年4月から65歳以降は障害基礎年金と老齢厚生年金の併給が可能になりました。障害基礎年金と老齢基礎年金は併給できませんが、65歳以降は老齢基礎年金と老齢厚生年金、障害基礎年金と老齢厚生年金、障害基礎年金と障害厚生年金などから併給選択が可能になり...

≫続きを読む

障害年金の事後重症とは?

障害年金の事後重症とは?初診日から1年6か月たった障害認定日の症状では、障害年金の認定基準には達していなかったので障害年金がもらえなかったのですが、あとから症状が進み、認定基準に達した場合、改めて障害年金の請求ができます。これを事後重症といいます。そして事後重症による障害年金の請求をすることができま...

≫続きを読む

障害年金は70歳以上でも請求できるか?

障害年金は70歳以上でも請求できるか?障害年金は65歳以上すぎると請求できません。

≫続きを読む

障害年金を請求できるかどうかどうやって判断するのか?

障害年金を請求できるかどうかどうやって判断するのか?障害年金を請求できるかどうかどうやって判断するかというと、国民年金 厚生年金保険 障害認定基準という通知に障害年金に該当する基準が出ているので、この認定基準と診断書の内容を比較して判断します。

≫続きを読む

障害者特例と障害年金どっちがお得?

障害者特例と障害年金どっちがお得?現在63歳男性で厚生年金の加入月数が全部で450月、現在障害年金2級の年金を受給しながら失業給付を受給しています。特別支給の老齢厚生年金は失業給付を受給しているため、全額停止となっています。通常は60歳から65歳までは特別支給の老齢厚生年金と障害年金の両方の受給資格...

≫続きを読む

児童扶養手当と障害年金の子の加算はどちらか一方しかもらえない

児童扶養手当と障害年金の子の加算はどちらか一方しかもらえない障害基礎年金には受給者に18歳年度末までの子供がいると子の加算金がつきますが、児童扶養手当を受給していると障害年金の子の加算金はもらえません。児童扶養手当か障害年金の子の加算かどちらか一方を選択することになります。児童扶養手当から障害年金の...

≫続きを読む

障害基礎年金

障害基礎年金障害基礎年金は施工日(昭和61年4月1日)以後に受給権が発生した場合に支給される新法の給付です。したがって、施工日前に受給権が発生した者については、旧法の障害年金が支給されていますが、障害福祉年金は施工日に障害基礎年金に切り替えられて支給されています。障害年金の受給権は障害認定日に発生す...

≫続きを読む

20歳前傷病による障害基礎年金

20歳前傷病による障害基礎年金本来であれば障害基礎年金を受けるためには、少なくとも初診日において被保険者等要件(及び初診日の前日において保険料納付要件)を満たさなければなりません。したがって、初診日において20歳未満(第2号被保険者となってい場合を除く。)であった場合は、その傷病により障害等級に該当...

≫続きを読む

障害基礎年金の年金額

障害基礎年金の年金額基本年金額障害基礎年金1級の年金額は障害基礎年金2級の年金額の1.25倍障害基礎年金2級の年金額は780,900円×改定率障害基礎年金の年金額は免除期間中の傷病についてであっても年金額は減額されません。子の加算額障害基礎年金の額には、受給権者によって生計を維持しているその者の子(...

≫続きを読む

障害基礎年金 加算額の改定

障害基礎年金 加算額の改定障害基礎年金 増額改定受給権者がその権利を取得した日の翌日以降にその者によって生計を維持しているその者の子(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子及び20歳未満であって障害等級に該当する障害の状態にある子に限る。)を有するに至ったことにより、子の加算が行われ...

≫続きを読む

障害厚生年金等

障害厚生年金等一般的な障害厚生年金障害厚生年金が支給されるためには、疾病(しっぺい)にかかり、又は負傷し、その疾病又は負傷及びこれらに起因する疾病(以下「傷病」)につき初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日(以下「初診日」)において被保険者である者でなければなりません。障害厚生年金は、初診日において...

≫続きを読む

事後重症による障害厚生年金

事後重症による障害厚生年金傷病の初診日において、被保険者(当該初診日の前日において保険料納付要件を満たしている者に限る)であった者であって、障害認定日に障害等級(1級、2級又は3級)に該当する程度の障害の状態になかったものが、同日後65歳に達する日の前日までに間において、その傷病により障害等級(1級...

≫続きを読む

障害厚生年金 併合認定

障害厚生年金 併合認定併合認定の原則障害厚生年金(その権利を取得した当時から引き続き障害等級の1級又は2級に該当しない程度の障害の状態にある受給権者に係る者を除くものとし、以下単に「1級又は2級の障害厚生年金」といいます。)の受給権者に対して更に1級又は2級の障害厚生年金を支給すべき事由が生じたとき...

≫続きを読む

障害厚生年金 加給年金額

障害厚生年金 加給年金額支給要件障害の程度が障害等級の1級又は2級に該当する者に支給される障害厚生年金には、受給権者によって生計を維持しているその者の65歳未満の配偶者があるときは、加給年金額が加算されます。ただし、大正15年4月1日以前生まれの配偶者には年齢制限がないので、65歳以上であっても加給...

≫続きを読む

障害厚生年金 年金額の改定

障害厚生年金 年金額の改定職権改定厚生労働大臣は、障害厚生年金の受給権者について、その障害の程度を診査し、その程度が従前の障害等級以外の障害等級に該当すると認めるときは、その程度に応じて、障害厚生年金の額を改定することができます。ただし、65歳以上の者又は(65歳未満の繰上げ支給の)老齢基礎年金の受...

≫続きを読む

障害厚生年金 失権

障害厚生年金 失権障害厚生年金の受給権は、併合認定による場合のほか、受給権者が次のいずれかに該当するに至ったときにも、消滅します。1、死亡したとき2、障害等級(1級、2級又は3級)に該当する程度の障害の状態にない者が、65歳に達したとき。ただし、65歳に達した日において、障害等級に該当する程度の障害...

≫続きを読む

障害厚生年金 障害手当金

障害厚生年金 障害手当金支給額障害手当金の額は、障害厚生年金(老齢厚生年金の報酬比例部分)の額の算式により計算した額の100分の200となりますが、原則として、その額が「780900円×改定率×3/4×2」に満たない時は、「780900円×改定率×3/4×2」とされます。なお、次の点では、障害厚生年...

≫続きを読む

障害年金の保険料納付要件とは?事後重症とは?

障害年金の保険料納付要件とは?事後重症とは?障害年金とは 保険料納付要件保険料納付要件には原則と特例(経過措置)があります。原則初診日の前日において初診日の属する月の前々月までに被保険者期間があるときは、その被保険者期間にかかる保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間がその被保険者期間の3分の...

≫続きを読む





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運 扶養親族等申告書