遺族年金|年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

遺族年金記事一覧

未支給年金の時効は何年か?平成26年4月から未支給年金請求者の範囲が大幅に拡大

未支給年金の時効は何年か?平成26年4月から未支給年金請求者の範囲が大幅に拡大未支給年金の時効は5年です。だいたい年金の時効は5年ですが、死亡一時金、脱退一時金、離婚分割などは2年です。年金の記録があとから見つかって年金の再計算が行われた場合は時効特例というのが適用になり、5年以上前の年金と物価変動...

≫続きを読む

平成26年4月から遺族基礎年金を子のいる夫も受給できるようになりました。

平成26年4月から遺族基礎年金を子のいる夫も受給できるようになりました。遺族基礎年金は今までは子のいる妻、または子が対象者だったのですが、平成26年4月から子のいる配偶者、または子が対象者になりました。つまり夫も遺族基礎年金が受給できるようになったわけです。遺族厚生年金は夫は妻が亡くなった当時55歳...

≫続きを読む

第1号被保険者の独自給付 寡婦年金とは?

第1号被保険者の独自給付 寡婦年金とは?第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)として、保険料納付済期間と免除期間を合わせて25年以上ある夫が65歳前に老齢基礎年金や障害基礎年金を受けずに亡くなった時、夫に生計を維持されていた妻(婚姻期間が10年以上)が60歳から65歳になるまでの間受けられます。寡...

≫続きを読む

第1号被保険者の独自給付 死亡一時金とは?

第1号被保険者の独自給付 死亡一時金とは?第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)として国民年金保険料を36月以上(一部納付の場合には月数が変わります)納めている方が老齢基礎年金や障害基礎年金などを受けずに亡くなった時、生計を同一にしていた遺族が受けられる一時金です。死亡一時金の額は、国民年金保険料...

≫続きを読む

遺族基礎年金

遺族基礎年金旧法の対象者の遺族年金遺族基礎年金は昭和61年4月1日以後に受給権が発生した場合に支給される新法の給付です。それ以前の旧法の遺族年金のうち、母子年金、準母子年金、遺児年金は引き継ぎ支給されていますが、母子福祉年金と準母子福祉年金は、昭和61年4月1日に遺族基礎年金に切り替えらえています。...

≫続きを読む

遺族基礎年金の遺族の範囲

遺族基礎年金の遺族の範囲遺族基礎年金を受けることができる配偶者又は子は、被保険者又は被保険者であった者の配偶者又は子であって、被保険者又は被保険者であった者の死亡の当時その者によって生計を維持し、かつ、次の要件に該当したものとなります。1、配偶者については、次の2の要件に該当する子と生計を同じくして...

≫続きを読む

遺族基礎年金が子のみに支給される場合

遺族基礎年金が子のみに支給される場合遺族基礎年金の受給権者が子のみの場合の子に支給される遺族基礎年金の額(原則の額)は、子が1人のときは基本年金額(780,900円×改定率)になりますが、子が2人以上の時は、基本年金額に次の1人目の子を除いた子の加算額を加算した額を、子の数で除して得た額になります。...

≫続きを読む

年金相談事例 旧法の共済遺族年金と65歳以降老齢年金は併給できるのか?

年金相談事例 旧法の共済遺族年金と65歳以降老齢年金は併給できるのか?現在66歳旧法の共済の遺族年金を受給中。本人は厚生年金加入中。受給資格はあるが老齢年金の手続きはまだしていない。記録は厚生年金と国民年金の納付期間があった。65歳までは遺族年金のみを受給していたが、はたして65歳以降は老齢年金も受...

≫続きを読む

遺族厚生年金等

遺族厚生年金等死亡者の要件被保険者等要件遺族厚生年金は、被保険者又は被保険者であった者が次の短期要件(@〜B)または長期要件(C)のいずれかに該当する場合に、一定の要件を満たすその者の遺族に支給されます。ただし、短期要件の1または2に該当する場合にあっては、死亡した者が、次の2で述べる保険料納付要件...

≫続きを読む

遺族厚生年金の遺族の範囲及び順位

遺族厚生年金の遺族の範囲及び順位遺族の範囲遺族厚生年金を受けることができる遺族は、被保険者又は被保険者であった者の配偶者、子、父母、孫又は祖父母であって、被保険者又は被保険者であった者の死亡の当時(失踪の宣言を受けた被保険者であった者にあっては、行方不明となった当時)その者によって生計を維持したもの...

≫続きを読む

老齢厚生年金の受給権者である65歳以上の配偶者の遺族厚生年金の基本年金額と支給額

老齢厚生年金の受給権者である65歳以上の配偶者の遺族厚生年金の基本年金額と支給額1、原則として遺族厚生年金の額2、原則として遺族厚生年金の額の3分の2に相当する額と老齢厚生年金の額(加給年金額については、これを含めない額)の2分の1に相当する額を合算した額年金額自体は、遺族厚生年金+老齢基礎年金か遺...

≫続きを読む

中高齢寡婦加算等

中高齢寡婦加算等遺族基礎年金は子のない妻に支給されません。これを補うために、子のない妻に支給する遺族厚生年金については、65歳に達するまでの間、中高齢寡婦加算を行う仕組みになっています。また、40歳に達した当時子がいるため遺族基礎年金を受給していた妻についても、子の18歳到達年度の末日が終了するなど...

≫続きを読む

遺族共済年金との調整

遺族共済年金との調整短期要件該当の場合短期要件に該当することにより支給される遺族厚生年金は、その受給権者が当該被保険者又は被保険者であった者の死亡について他の被用者年金各法による遺族共済年金を受けることができるときは、その間、その支給が停止されます。この場合、遺族共済年金もその支給を停止されますので...

≫続きを読む

遺族厚生年金 支給停止

遺族厚生年金 支給停止妻に対する支給停止妻に対する遺族厚生年金は、当該被保険者又は被保険者であった者の死亡について、妻が遺族厚生年金の受給権を有しない場合であって、子が当該遺族基礎年金の受給権を有するときは、その間、その支給が停止されます。ただし、子に対する遺族厚生年金が子が所在不明であるために、そ...

≫続きを読む

遺族年金 受給の優先順位

遺族年金 受給の優先順位第1順位 配偶者・子(妻→夫→子の順で優先)第1順位の中でも妻→夫→子に優先されます。妻が受ける場合は年齢要件はありません。子は18歳到達年度の末日までの者(1級または2級の障害状態の場合は20歳未満)で婚姻していないことが必要。被保険者等の死亡の当時胎児であった子が生まれた...

≫続きを読む

遺族年金の基礎知識 厚生年金の夫が亡くなったとき、妻に支給される遺族給付とは?

遺族年金の基礎知識 厚生年金の夫が亡くなったとき、妻に支給される遺族給付とは?1、遺族厚生年金遺族厚生年金は厚生年金から支給される年金で、夫の報酬比例部分の年金から算出します。支給額は報酬比例部分の年金の4分の3に相当する額です。2、中高齢寡婦加算遺族厚生年金のなかに中高齢寡婦加算が含まれる場合と、...

≫続きを読む





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運 扶養親族等申告書