このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

海外に住む日本人は国民年金に任意加入できますか?

 

海外に住む日本人は国民年金に任意加入できます。

 

日本国籍をもつ20歳以上65歳未満の方(第2号、第3号被保険者を除く)が、海外に転出・居住する場合は、国民年金に任意加入できます。

 

任意加入というのは加入する義務はないけど、将来の年金受給に備えて任意で加入しておけばその分受給する年金額が増えるので海外に行く場合でも国民年金に任意加入して国民年金を納付する人もいます。

 

任意加入した場合としない場合の違い

 

任意加入する 任意加入しない

任意加入中に事故等があった場合障害基礎年金等の対象になります

 

加入中に納付した保険料は、将来受け取る老齢基礎年金額に反映されます

事故等があっても障害基礎年金等の対象外となります

 

合算対象期間(カラ期間)になりますが、老齢基礎年金額には反映されません

合算対象期間(カラ期間)とは、国民年金に任意加入できる人が任意加入しなかった期間などをいいます。

 

老齢基礎年金の受給資格期間の期間として計算に含めることができますが、年金額には反映されません。納付した期間だけでは受給資格期間が足りない場合に合算対象期間(カラ期間)を合算して受給資格があるかどうかを判断することができます。

 

納付した期間だけで受給資格期間を満たしていればとくに合算対象期間(カラ期間)をわざわざ計算しません。
合算対象期間(カラ期間)は年金の請求手続きをするときに年金事務所で計算します。





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運