このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

海外の年金制度記事一覧

アメリカの年金制度について

アメリカの年金制度についてアメリカの年金制度の特徴退職・遺族・障害保障制度があります。被用者と一定額以上の収入のある自営業者が社会保障制度に加入します。(日本と違ってすべての人が加入しなければならないわけではない)年金加入期間が40クレジット(10年相当)以上あれば退職年金の受給資格が得られます。

≫続きを読む

海外に住む日本人は国民年金に任意加入できますか?

海外に住む日本人は国民年金に任意加入できますか?海外に住む日本人は国民年金に任意加入できます。日本国籍をもつ20歳以上65歳未満の方(第2号、第3号被保険者を除く)が、海外に転出・居住する場合は、国民年金に任意加入できます。任意加入というのは加入する義務はないけど、将来の年金受給に備えて任意で加入し...

≫続きを読む

海外に住む日本人が国民年金を任意加入する場合の手続き方法は?

海外に住む日本人が国民年金を任意加入する場合の手続き方法は?海外に住む日本人が国民年金の任意加入を希望する場合は手続き方法がそれぞれ異なります。任意加入できるのは20歳以上65歳未満の日本国籍の人です。これから海外に転出される方●日本国内に協力者がいる場合原則として親族が協力者になります。届け出は最...

≫続きを読む

アメリカの年金の受け取り方

アメリカの年金の受け取り方アメリカの年金は月に1回支払われます。日本に住んでいる人は、日本円で、日本国内の銀行口座へ振り込みか、米ドルで、アメリカ国内の銀行口座へ振り込みかで受け取ることができます。

≫続きを読む

外国人の脱退一時金について

外国人の脱退一時金について外国人でも日本にいる間は日本の年金制度に加入しなければならない。しかし、在留期間が短い場合、受給資格期間を満たすことができず、保険料が掛け捨てになってしまう。このため、平成7年4月より、国民年金と厚生年金保険について脱退一時金制度が導入されている。脱退一時金を受給できるのは...

≫続きを読む

海外の年金制度 ドイツとの社会保障協定

海外の年金制度 ドイツとの社会保障協定日独社会保障協定 平成12年(2000年)2月発効ドイツで働く場合に加入する社会保障制度日本の企業に所属しながらドイツに派遣されて働く場合、右表のように、就労状況や派遣期間によって、どちらの国の社会保障協定に加入するかが異なります。日本、またはドイツの社会保障制...

≫続きを読む

海外の年金制度 ベルギーとの社会保障協定

日白社会保障協定 平成19年(2007年)1月発効ベルギーで働く場合に加入する社会保障制度日本の企業に所属しながらベルギーに派遣されて働く場合、右表のように、就労状況や派遣期間によって、どちらの国の社会保障制度に加入するかが異なります。日本、またはベルギーの社会保障制度に加入した場合、もう一方の国の...

≫続きを読む

海外の年金制度 フランスとの社会保障協定

海外の年金制度 フランスとの社会保障協定フランスで働く場合に加入する社会保障制度日本の企業に所属しながらフランスに派遣されて働く場合、右表のように、就労状況や派遣期間によって、どちらの国の社会保障制度に加入するかが異なります。日本、あたはフランスの社会保障制度に加入した場合、もう一方の制度加入は免除...

≫続きを読む





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運 扶養親族等申告書