障害基礎年金の受給要件

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

障害基礎年金の受給要件とは?

 

障害基礎年金は国民年金加入中に初診日のある病気・けがで障害1級または2級の状態になった時に支給されます。

 

障害基礎年金は次の3つの要件をすべて満たした人に支給されます。

 

1、国民年金に加入している間に初診日のある病気・けがで障害の状態になったこと

 

2、障害認定日に1級または2級の障害状態にあること

 

3、一定の保険料納付要件を満たしていること

 

1、初診日における被保険者要件

 

障害基礎根金は初診日において国民根金の被保険者(第1号、第2号、第3号被保険者)であることが要件となる。このため20歳以上60歳未満の国内居住者は、すべて該当する。なお、初診日とは、障害の要因となった病気やけがについて、初めて医師の診療を受けた日をいう。
海外居住者(第2号、第3号被保険者を除く)は国民年金の適用除外となっており、被保険者であった者についても、任意加入していない場合は、初診日の要件を満たさなければ障害基礎年金は支給されない。
または、20歳未満の場合には、20歳に達した日または障害認定日において要件を満たせば、障害基礎年金が支給される。

 

2、障害認定日と障害等級

 

障害基礎年金は、障害認定日において、障害等級が1級または2級の状態と認定された場合に支給の対象となる。

 

障害認定日とは、障害の原因となった病気・けがの初診日から1年6か月を経過した日、または1年6か月を経過しない間に治った日をいう。

 

なお、治った日には、病状が固定し、治療の効果が期待できない状態に至った日を含む。

 

3、保険料納付要件

 

障害基礎年金を受給するには次のいずれかの保険料納付要件を満たす必要がある。

 

@ 初診日の前日において、国民年金の全被保険者期間のうち保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が3分の2以上あること。なお、保険料納付要件をみるときの被保険者期間は、初診日の属する月の前々月までの全被保険者期間である。

 

A初診日が平成28年4月1日前の場合は、初診日の属する月の前々月までの1年間に未納がないこと。
ただし、65歳以上である者には適用されない。

 

保険料納付要件を見るときは、被用者年金制度の加入期間のうち、昭和36年4月前の期間、20歳未満および60歳以後の期間も含まれる

 





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

障害基礎年金の受給要件 関連ページ

年金アドバイザー3級の合格率は?
年金アドバイザー2級の勉強時間はどのくらいとればよいか?
年金アドバイザー2級の勉強方法について
厚生年金の保険料について。育児休業中の保険料ってどうなるの?
厚生年金の保険料について
標準報酬月額の区分について
標準報酬月額の対象となる報酬とは?
障害基礎年金と老齢厚生年金の併給
20歳前の障害による障害基礎年金
特別障害給付金とは?
年金アドバイザーの参考書は全部は読まずに過去問題を徹底研究すべし
銀行業務検定試験ホームページにて、7/15発売予定! 年金アドバイザー3級直前整理70      2014年10月・2015年3月受験用
年金アドバイザー3級問題解説集 2014年10月受験用
老齢基礎年金の合算対象期間
年金アドバイザー3級 65歳未満の者に支給される老齢厚生年金と雇用保険の基本手当の併給調整
年金アドバイザー3級 障害基礎年金の仕組み
年金アドバイザー3級 老齢厚生年金の加給年金額
年金アドバイザー3級 障害基礎年金について
年金アドバイザー3級 障害厚生年金について
年金アドバイザー3級 平成19年4月以後に受給権を取得した者の遺族厚生年金について
年金アドバイザー3級 65歳以上の者に支給される年金給付の併給調整
年金アドバイザー3級 年金時効特例法
年金アドバイザー3級 確定拠出年金の個人型年金
年金アドバイザー3級 公的年金の税制
年金アドバイザー3級 遺族基礎年金の仕組み
年金アドバイザー3級 老齢基礎年金の仕組み
年金アドバイザー3級 老齢基礎年金の振替加算
年金アドバイザー3級 厚生年金の保険料
年金アドバイザー問題集書店
年金アドバイザー3級 ラスト2日間の勉強法
年金アドバイザー3級問題解説集 2015年3月受験用 銀行業務検定協会 ホームページにて、11/19発売予定!
年金アドバイザー2級問題解説集 2015年3月受験用 2014年11月29日発行

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運