標準報酬月額の対象となる報酬とは?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

標準報酬月額の対象となる報酬とは?

 

標準報酬の対象となる報酬とは、金銭、現物を問わず、被保険者が事業主から労働の対象として受けるすべてのものをいう。基本給のほか、通勤手当、残業手当、家族手当なども労働の対象であれば報酬となる。

 

被保険者が同時に2か所以上の事業所に勤務し、2か所以上から報酬を得る場合には、各事業所について算定した報酬額を合計した額により、1つの事業所にて標準報酬月額を決定する。

 

現物支給については、社会保険事務局長がその地方の時価によって都道府県ごとの標準価額を定め金銭に換算する





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

標準報酬月額の対象となる報酬とは? 関連ページ

年金アドバイザー3級の合格率は?
年金アドバイザー2級の勉強時間はどのくらいとればよいか?
年金アドバイザー2級の勉強方法について
厚生年金の保険料について。育児休業中の保険料ってどうなるの?
厚生年金の保険料について
標準報酬月額の区分について
障害基礎年金の受給要件
障害基礎年金と老齢厚生年金の併給
20歳前の障害による障害基礎年金
特別障害給付金とは?
年金アドバイザーの参考書は全部は読まずに過去問題を徹底研究すべし
銀行業務検定試験ホームページにて、7/15発売予定! 年金アドバイザー3級直前整理70      2014年10月・2015年3月受験用
年金アドバイザー3級問題解説集 2014年10月受験用
老齢基礎年金の合算対象期間
年金アドバイザー3級 65歳未満の者に支給される老齢厚生年金と雇用保険の基本手当の併給調整
年金アドバイザー3級 障害基礎年金の仕組み
年金アドバイザー3級 老齢厚生年金の加給年金額
年金アドバイザー3級 障害基礎年金について
年金アドバイザー3級 障害厚生年金について
年金アドバイザー3級 平成19年4月以後に受給権を取得した者の遺族厚生年金について
年金アドバイザー3級 65歳以上の者に支給される年金給付の併給調整
年金アドバイザー3級 年金時効特例法
年金アドバイザー3級 確定拠出年金の個人型年金
年金アドバイザー3級 公的年金の税制
年金アドバイザー3級 遺族基礎年金の仕組み
年金アドバイザー3級 老齢基礎年金の仕組み
年金アドバイザー3級 老齢基礎年金の振替加算
年金アドバイザー3級 厚生年金の保険料
年金アドバイザー問題集書店
年金アドバイザー3級 ラスト2日間の勉強法
年金アドバイザー3級問題解説集 2015年3月受験用 銀行業務検定協会 ホームページにて、11/19発売予定!
年金アドバイザー2級問題解説集 2015年3月受験用 2014年11月29日発行

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運