社会保障・税一体改革に伴う年金制度改正|年金の基礎知識について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

社会保障・税一体改革に伴う年金制度改正

 

被用者年金制度一元化法
被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部改正する法律
平成24年8月10日成立・22日公布

 

恩給期間にかかる追加費用の削減

 

施行日:平成25年8月1日
恩給期間に関する給付が一律27%削減されます。ただし、減額率の上限を共済年金全体(恩給期間を含む)の10%とします。また、共済年金全体(恩給期間を含む)の給付が年額230万円以下の場合は、減額されません。

 

共済年金を厚生年金に統合

施行予定日:平成27年10月1日
厚生年金に公務員及び私学教職員も加入し、2階部分の年金は厚生年金に統一されます。制度の相違点は、基本的に厚生年金にそろえることになります。保険料を毎年段階的に引き上げ、厚生年金は平成29年、公務員共済は平成30年までに、私学共済は平成39年までに18.3%で固定、統一されます。
被保険者の記録管理、標準報酬の決定・改定、保険料の徴収、保険納付の裁定等の事務処理は、共済組合や私学共済も行うこととし、制度全体の給付と負担の状況は国の厚生年金勘定にとりまとめて計上されます。
共済年金にある3階部分(職域部分)は廃止されます。なお、施行日前に共済年金の受給権を有する場合には、従来どおり職域部分が支給されるなど経過措置が設けられています。

 

国民年金等改正法
国民年金法等の一部を改正する法律等の一部を改正する法律
平成24年11月16日成立・26日公布

 

特例水準の解消問題

施行日:平成25年10月1日
平成25年4月現在、支給されている年金額は法律で定めた本来水準よりも2.5%高い特例水準となっています。平成25年〜27年度の3年間で、この特例水準を解消します。
平成26年7月現在特例水準と本来水準で0.5%の差まで縮まっています。
年金と連動して同じスライド措置がとられていた児童扶養手当等の額の特例水準1.7%についても平成25から27年度の3年間で解消されます。

 

年金生活者支援給付金法
年金生活者支援給付金の支給に関する法律
平成24年11月16日成立・26日公布
施行予定日:平成27年10月1日(消費税引き上げの実施時期にあわせて施行予定。)
所得額が一定の基準を下回る老齢基礎年金の受給者に、国民年金の納付済期間及び保険料免除期間を基礎とした老齢年金生活者支援給付を支給します。
一定の基準とは、住民税が家族全員非課税で、前年の年金収入+その他所得の合計額が老齢基礎年金満額(平成27年度で77万円)以下であること。
所得が逆転しないよう、上記の所得基準を上回る一定の者に、国民年金の保険料納付済期間を基礎とした補足的老齢年金生活者支援給付金を支給します。
一定の障害基礎年金または遺族基礎年金の受給者に、月額5000円(1級の障害基礎年金受給権者は6250円)の障害年金生活者支援給付金または遺族年金生活者支援給付金を支給します。

 

社会保障と税の一体改革は社会保障制度を財政的にも仕組み的にも安定させることで誰もが安心して利用できるようにするための改革です。この一体改革を進めることによってみんなが安心して生活できる社会の流れを作っていくことができます。

 

現役世代の人口が減っていくと今現役世代の人の年金は減っていくと思われます。ですので、今から老後のために年金以外の収入の仕組みを作ることが考えておく必要があります。

 

年金以外の仕組みとして考えられる方法はいろいろとあるかと思います。

 


終身保険
投資信託
株主優待
外国株
FX
ネットビジネス
起業
不動産投資

 

それには勉強が必要です。本を読んだり、セミナーに参加したり、今まで自分がやらなかったことをやってみるのがよいのではないかと思います。

 

お金の教養講座というので給料の2割を自己投資、2割を自動積立し、6割のお金で生活するということを教わりました。
人生生き残るには勉強が大切だと思います。

 

あと最近大切だと思うことは時間、家をきれいにすること、人と会う時間を作ることなどです。
まあ、人生は一生に一度なので、お金をためるだけではなく、自分の好きなことに使うというのもよいのではないでしょうか。

 





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

社会保障・税一体改革に伴う年金制度改正 関連ページ

妻が夫の厚生年金を分割してもらうとき、年金分割はどのようにして行われるか?
内縁関係でも加給年金や遺族年金の請求をすることができます
消費税10%と受給資格期間の関係とは?
離婚すると夫婦の年金を分割できるって本当?
平成26年4月以降の年金額改定前と改定後の老齢基礎年金の計算方法
共済年金の加入者には職域加算という加算金があります
昭和29年4月21日生まれの男性が60歳から繰上げをする場合どうなるか?
ボーナスから厚生年金の保険料を徴収するようになった理由は?
65歳未満の在職老齢年金の計算方法について
老齢基礎年金を60歳で繰上げをした場合と65歳で繰上げをした場合いつ元が取れるの?
年金の受給資格が25年から10年に可決、いつから10年になるの?
国民年金の繰上げの手続きをするにはどうすればいいですか?
国民年金の繰下げ支給をした場合のデメリットとは?
65歳未満で失業給付を受けている間は特別支給の老齢厚生年金は支給停止になります
年金には時効の特例という制度がある
脱退一時金とは
年金支給開始引き上げ 「選択制で75歳まで」検討 厚労相 一律には慎重姿勢
年金の仕組みをWebマンガで解説! 厚労省、「いっしょに検証! 公的年金」開設
年金制度等の歴史1
年金制度等の歴史2
年金の豆知識
年金と税金
年金額とスライド
公的年金を受けるには 老齢年金の受給要件
合算対象期間 相談事例
事務担当者の主な年金の手続き
65歳以降の老齢年金
65歳以降 障害厚生年金1級と老齢厚生年金どっちが得
内縁の妻や外国籍の妻も配偶者加給の対象になるか?
年金請求手続き|年金請求手続きについて学ぶなら役に立つ年金知識
繰上げ請求後に被保険者期間がある場合
65歳以上で厚生年金保険の被保険者の人の繰下げ
事務担当者の年金の手続きについて 随時改定と月額変更届
国民年金法 権限の委任等
年金制度 沖縄の特例とは

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運