年金を自分で運用して増やすための方法 確定拠出年金法 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

年金を自分で運用して増やすための方法 確定拠出年金法 厚生年金基金,確定拠出年金法改正マッチング拠出 確定拠出年金法施行令改正

 

確定拠出年金は、掛け金が所得控除できることと、運用益が途中非課税であることの、二つの税制上のメリットを持っている。一定以上の所得のあることが予想できる人にとっては、「ほぼ確実に儲ける(得になる)ことができる」といえる数少ない金融サービスの一つだ。

 

実は億万長者は年金で資産を増やしている。

ザ・シークレット

1944円

世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと (王様文庫)

648円

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

1620円

ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」

1512円

幸せがずっと続く12の行動習慣

1728円

となりの億万長者―成功を生む7つの法則

2376円

私の財産告白 (実業之日本社文庫)

514円

ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人 三笠書房 電子書籍

0円

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

1296円

ロバート・アレンの実践億万長者入門 ― 生涯続く無限の富を得る方法

1944円

 

現在の企業年金制度である厚生年金基金は、加入期間や給与などに基づきあらかじめ給付額が約束されている確定給付型の年金制度です。

 

しかし、運用利回りの低下や退職給付会計基準の変更などにより、企業にとってこのような制度を維持することは次第に困難になってきました。

 

そこで平成13年に確定拠出年金法が制定され、同年10月から施行されました。

 

同法は、公的年金に上乗せされる年金の新たな選択肢として、あらかじめ拠出額を確定させる確定拠出型の年金制度の導入を認めたもので、加入者個人が自己責任で掛金を運用し、その運用結果がそのまま年金額となることになります。

 

確定拠出年金法の目的

 

確定供出年金法は、少子高齢化の進展、高齢期の生活の多様化等の社会経済情勢の変化にかんがみ、個人又は事業主が拠出した資金を個人が自己の責任において運用の指図を行い、高齢期においてその結果に基づいた給付を受けることができるようにするため、確定拠出年金について必要な事項を定め、国民の高齢期における所得の確保に係る自主的な努力を支援し、もって公的年金の給付と相まって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする。とされています。

 

確定拠出年金の種類

 

確定拠出年金には次の2種類があります。

 

1、企業型年金

 

厚生年金保険の適用事業所の事業主が60歳未満の従業員を加入者として実施する者

 

2、個人型年金

 

国民年金基金連合会(以下「連合会」)が60歳未満の自営業者等や企業年金を実施しない企業の60歳未満の従業員を加入者として実施するもの

 

注意点としては、専業主婦(第3号被保険者)公務員は確定拠出年金の加入者となることができません

 





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運