共済組合と厚生年金の統合 平成27年10月から 差は?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

共済組合と厚生年金の統合 平成27年10月から 違いは?差は?

 

共済組合と厚生年金が統合されます。厚生年金の人は関係ないけど私は違い、差、興味があったので調べてみた。

 

共済組合の人はみんな厚生年金に加入する。

 

共済組合と厚生年金の差は厚生年金に併せる。

 

今まで共済組合にしかなかった職域部分は廃止となる。

 

平成27年10月に実施する。

 

実は日本法令では共済組合と厚生年金の一元化をテーマにした本をすでに発売している。
https://www.shaho.co.jp/shaho/shop/search.php?Bc=32550

 

これから共済組合の人からの問い合わせが殺到することも考えられるので、手に入れておいた方がよい1冊となるかもしれない。

 

アクセスを集めたい、顧客を集めたい社労士の人には必須のアイテムかもしれない。

 

共済組合は公務員なので信頼性が違うのか今までいろいろと厚生年金よりも緩い制度になっていたようなので、

 

今後平成27年10月からの問い合わせに向けて準備をしておいた方が良いかもしれない。

 

しかも年金アドバイザーや社会保険労務士試験に出題される問題も大きく変わってくるだろう。

 

最近在職老齢年金の計算も46万円→47万円に変わっているので、年金アドバイザー2級と3級をとっておいて

 

良かったとほっとする私。

 

時間があるときに共済年金と厚生年金の比較表をまとめたいと思う。





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運