ねんきん定期便とは?|ねんきん定期便のことなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

ねんきん定期便とは?

 

平成21年4月に送付が開始されたねんきん定期便。ねんきん定期便は、年金制度の加入者に誕生月(1日生まれは誕生月の前月)に毎年送付するもので、本人に年金記録を通知し、確認していただくことを目的としています。

 

ねんきん定期便は厚生年金、国民年金の被保険者が対象なので、共済組合期間のみの方や、送付対象期間が共済組合のみの場合は定期便は送付されません。

 

学生のときは届いていたのに、就職してから定期便が来なくなった、そういったことがあれば、たいてい公務員になったからこなくなったというパターンだと思います。

 

ねんきん定期便が届かない理由として、年金の住所が旧住所のままになっていることがあります。住民票を移すだけではなく、年金の住所変更が別途必要になります。厚生年金加入中の場合は会社、第3号被保険者の人は配偶者の会社、国民年金第1号被保険者の場合は市区町村役場の国民年金窓口で変更手続きができます。

 

ねんきん定期便は初年度は全期間の標準報酬月額が通知されるなど詳細な内容でした。平成22年度からは、詳細な内容が通知されるのは節目年齢時のみになりました。平成23年度からは、ねんきんネットがスタートしたことに伴い、ねんきん定期便にアクセスキーが記載されています。アクセスキーは期限が3か月です。

 

平成24年度からは、ねんきん定期便のスタートから3年が経過したこともあり、簡素化が図られました。節目年齢時を除いた方には、記述内容を簡素化したはがき形式のねんきん定期便が送付されています。全期間分を希望するのであれば、再発行の手続きをすれば全期間分の記録が送付されます。

 

ねんきん定期便は、国民年金、厚生年金保険の加入者(被保険者)に対し、年金加入記録や保険料納付実績、年金見込額などの年金個人情報を、毎年誕生月に送付します。年齢等により送付内容等が異なり、節目年齢(35歳、45歳、59歳)の方には封書形式、それ以外の方にははがき形式のねんきん定期便が送付されています。

 

ねんきん定期便で送付されるもの

50歳未満(35歳、45歳を除く)の方

はがき形式のねんきん定期便(記載内容は、1、照会番号、2、これまでの加入実績に応じた年金額、3、これまでの保険料納付額、4、最近の月別状況です、5、アクセスキー)

 

50歳以上

はがき形式のねんきん定期便(記載内容は、1、照会番号、2、老齢年金の見込額、3、これまでの保険料納付額、4、最近の月別状況です、5、アクセスキー)

 

35歳、45歳の方

1、ねんきん定期便、2、年金加入履歴、3、厚生年金保険の標準報酬月額と保険料納付額の月別状況、4、国民年金保険料の納付状況、5、将来の年金見込額をご自分で試算できます、6、ねんきん定期便パンフレット、7、ねんきんネット申込み手順、8、年金加入記録回答票

 

59歳の方

1、ねんきん定期便、2、年金加入履歴、3、厚生年金保険の標準報酬月額と保険料納付額の月別状況、4、国民年金保険料の納付状況、5、ねんきん定期便パンレット、6、ねんきんネット申込み手順、7、年金加入記録回答票

 

1、ねんきん定期便に記載される年金(見込)額について
・50歳未満の方→加入実績に応じた年金見込額
・50歳以上の方→ねんきん定期便作成時点の年金制度に加入し続けた場合の将来の年金見込額
・年金受給者であり現役被保険者→年金見込額は通知されない

 

2、最近の月別状況です
直近1年分の加入記録が通知されます。
節目年齢(35歳、45歳、59歳)時には、最近の月別状況ですに代わり、全加入期間の年金加入履歴、厚生年金保険の標準報酬月額と保険料納付額の月別状況、国民年金保険料の納付状況が通知されます。

 

記載内容の確認
ねんきん定期便が届いたら、年金加入期間などの記録内容にもれや誤りがないかを確認する必要があります。もれや誤りがあった場合、節目年齢(35,45,59歳)の方は同封されている年金加入記録回答票に必要事項を記入して返送してください。もれや誤りがない場合は返送する必要はありません。節目年齢以外の方は、ねんきん定期便専用ダイヤルにお問い合わせください。

 

 





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運