国年法 国民年金法 | 国年法について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

国年法 国民年金法記事一覧

国年法 国民年金法 法1条 国民年金制度の目的

国民年金法 国年法 法1条 国民年金制度の目的国民年金制度は、日本国憲法第25条第2項に規定する理念に基き、老齢、障害又は死亡によって国民生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯によって防止し、もって健全な国民生活の維持及び向上に寄与することを目的とする

≫続きを読む

国年法 国民年金法 法2条 国民年金の給付

国年法 国民年金法 法2条 国民年金の給付国民年金は、第1条国民年金制度の目的の目的を達成するため、国民の老齢、障害又は死亡に関して必要な給付を行うものとする。国民年金の給付は、業務上外を問わずに行われる。

≫続きを読む

国年法 国民年金法 法3条 管掌及び事務の実施

国年法 国民年金法 法3条 管掌及び事務の実施1、国民年金事業は、政府が、管掌する。2、国民年金事業の事務の一部は、政令の定めるところにより、法律によって組織された共済組合、国家公務員共済組合連合会、全国市町村職員共済組合連合会、地方公務員共済組合連合会、全国市町村職員共済組合連合会、地方公務員共済...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 機構への厚生労働大臣の権限に係る事務の委任(法109条の4,...

国民年金法 国年法 機構への厚生労働大臣の権限に係る事務の委任(法109条の4,1項、2項、法109条の8,1項、則103条)1、事務の委任の対象となるもの次に掲げる厚生労働大臣の権限に係る事務〔第3条第2項の規定により共済組合等が行うこととされたもの及び同条第3項(管掌及び事務の実施)の規定により...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 機構が行う滞納処分に係る認可等(法109条の6,1項、3項)

国民年金法 国年法 機構が行う滞納処分に係る認可等(法109条の6,1項、3項)1、機構は、滞納処分等を行う場合には、あらかじめ、厚生労働大臣の認可を受けるとともに、滞納処分等の実施に関する規定(以下「滞納処分等実施規程」という。)に従い、徴収職員に行わせなければならない。2、機構は、滞納処分等をし...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 財務大臣への権限の委任(法109条の5,1項、2項、5項〜7...

国民年金法 国年法 財務大臣への権限の委任(法109条の5,1項、2項、5項〜7項)1、厚生労働大臣は、滞納処分等その他の処分に係る納税義務者が滞納処分等その他の処分の執行を免れる目的でその財産について隠ぺいしているおそれがあることその他の政令で定める事情があるため保険料その他国民年金法の規定による...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 地方厚生局長等への権限の委任(法109条の9)

国民年金法 国年法 地方厚生局長等への権限の委任(法109条の9)1、国民年金法に規定する厚生労働大臣の権限(第109条の5第1項及び第2項財務大臣への権限の委任並びに第10章国民年金基金及び国民年金基金連合会)に規定する厚生労働大臣の権限を除く。)は、厚生労働省令で定めるところにより、地方厚生局長...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 基金に係る権限の委任(法142条の2)

国民年金法 国年法 基金に係る権限の委任(法142条の2)1、第10章[国民年金基金及び国民年金基金連合会]に規定する厚生労働大臣の権限のうち国民年金基金に係るものは、厚生労働省令の定めるところにより、その一部を地方厚生局長に委任することができる。2、1の規定により地方厚生局長に委任された権限は、厚...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 被用者年金各法 法5条1項

国民年金法 国年法 被用者年金各法 法5条1項国民年金法において、被用者年金各法とは次に掲げる法律をいう厚生年金保険法国家公務員共済組合法地方公務員等共済組合法私立学校教職員共済法

≫続きを読む

国民年金法 国年法 被用者年金保険者(法5条9項、10項)

国民年金法 国年法 被用者年金保険者(法5条9項、10項)1、国民年金法において、被用者年金保険者とは、厚生年金保険の管掌者たる政府又は年金保険者たる共済組合等をいう。2、国民年金法において、年金保険者たる共済組合等とは、国家公務員共済組合連合会、地方公務員共済組合連合会又は日本私立学校振興・共済事...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 保険料納付済期間(法5条2項)

国民年金法 国年法 保険料納付済期間(法5条2項)国民年金法において、保険料納付済期間とは、第1号被保険者として被保険者期間のうち納付された保険料(第96条〔督促及び滞納処分〕の規定により徴収された保険料を含み、第90条の2第1項から第3項まで〔4分の3免除、半額免除又は4分の1免除〕の規定によりそ...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 保険料免除期間(法5条3項〜7項、(16)法附則19条4項)

国民年金法 国年法 保険料免除期間(法5条3項〜7項、(16)法附則19条4項)1、国民年金法において、保険料免除期間とは、保険料全額免除期間、保険料4分の3免除期間、保険料半額免除期間及び保険料4分の1免除期間を合算した期間をいう。2、国民年金法において、保険料全額免除期間とは、第1号被保険者とし...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 配偶者等(法5条8項)

国民年金法 国年法 配偶者等(法5条8項)国民年金法において、配偶者、夫及び妻とは、婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含むものとする。

≫続きを読む

国民年金法 国年法 強制加入被保険者(法7条、法附則3条、厚年法附則4条の3、1...

国民年金法 国年法 強制加入被保険者(法7条、法附則3条、厚年法附則4条の3、1項) 国民年金法 国年法 強制加入被保険者(法7条、法附則3条、厚年法附則4条の3、1項)次の1から3のいずれかに該当する者は、国民年金の被保険者とする。1、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者であって2および3のいずれにも該当しないもの[被用者年金各法に基づく老齢又は退職を支給事由とする年金た...

≫続きを読む

国民年金法における被扶養配偶者の認定基準について

国民年金法における被扶養配偶者の認定基準について第2号被保険者の配偶者であって主として第2号被保険者の収入により生計を維持するもの(以下「被扶養配偶者」という。)についての国民年金法施行令第4条の規定による認定は、次により行うものとする。1、第3号被保険者として届出に係る者(以下「認定対象者」という...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 任意加入被保険者(法附則5条1項、2項)|役に立つ年金知識 ...

1、次の(1)から(3)のいずれかに該当する者(第2号被保険者及び第3号被保険者を除く。)は、第7条第1項〔強制加入被保険者〕の規定にかかわらず、厚生労働大臣に申し出て、被保険者となることができる。(1)日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者であって、被用者年金各法に基づく老齢給付等を受ける...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 強制加入被保険者の資格取得の時期(法8条)

国民年金法 国年法 強制加入被保険者の資格取得の時期(法8条)第7条の規定による被保険者(以下「強制加入被保険者」という。)は、第2号被保険者及び第3号被保険者のいずれにも該当しない者については、次の1から3のいずれかに該当するに至った日に、20歳未満の者又は60歳以上の者については4に該当するに至...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 強制加入被保険者の資格喪失の時期(法9条、法附則4条)

国民年金法 国年法 強制加入被保険者の資格喪失の時期(法9条、法附則4条)強制加入被保険者は、次の1〜6のいずれかに該当するに至った日の翌日(2に該当するに至った日に更に第2号被保険者若しくは第3号被保険者に該当するに至ったとき又は3〜5までのいずれかに該当するに至ったときは、その日)に被保険者の資...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 任意加入被保険者の資格取得時期

国民年金法 国年法 任意加入被保険者の資格取得時期|役に立つ年金知識 日本の年金制度(法附則5条3項、(6) 法附則11条4項、(16) 法附則23条4項)厚生労働大臣に任意加入に際しての口座振替納付を希望する旨の申出又は口座振替納付によらない正当な事由がある場合として厚生労働省令で定める場合に該当...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 任意加入被保険者の資格喪失の時期(法附則5条5項、6項)

国民年金法 国年法 任意加入被保険者の資格喪失の時期(法附則5条5項、6項)|役に立つ年金知識 日本の年金制度1、任意加入被保険者は、いつでも、厚生労働大臣に申し出て、被保険者の資格を喪失することができる。2、任意加入被保険者は、死亡した日の翌日又は次の(1)〜(4)のいずれかに該当するに至った日に...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 特例による任意加入被保険者の資格喪失の時期 ((6) 法附則...

国民年金法 国年法 特例による任意加入被保険者の資格喪失の時期 ((6) 法附則11条6項、7項、(16) 法附則23条6項、7項)|役に立つ年金知識 日本の年金制度1、特例による任意加入被保険者は、いつでも、厚生労働大臣に申し出て、被保険者の資格を喪失することができる。2、特例による任意加入被保険...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 任意脱退(法10条1項)

国民年金法 国年法 任意脱退(法10条1項)|役に立つ年金知識 日本の年金制度被保険者でなかった者が第1号被保険者となった場合又は第2号被保険者若しくは第3号被保険者が第1号被保険者となった場合において、その者の次に掲げる期間を合算した期間が25年に満たない時は、その者は、第7条第1項〔強制加入被保...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 資格喪失の時期(法10条2項)

国民年金法 国年法 資格喪失の時期(法10条2項)|役に立つ年金知識 日本の年金制度第10条第1項〔任意脱退〕の場合においては、その者は、厚生労働大臣の承認を受けた日の翌日に被保険者の資格を喪失する。ただし、被保険者でなかった者が第1号被保険者となった場合であって、当該承認の申請が、その者が被保険者...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 期間計算(法11条)

国民年金法 国年法|期間計算(法11条)1、被保険者期間を計算する場合には、月によるものとし、被保険者の資格を取得した日の属する月からその資格を喪失した日の属する月の前月までをこれに算入する。2、被保険者がその資格を取得した日の属する月にその資格を喪失したときは、その月を1か月として被保険者期間に算...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 種別の変更(法11条の2)

国民年金法 国年法 種別の変更(法11条の2) 被保険者第1号被保険者としての被保険者期間、第2号被保険者としての被保険者期間又は第3号被保険者としての被保険者期間を計算する場合には、被保険者の種別(第1号被保険者、第2号被保険者又は第3号被保険者のいずれであるかの区別をいう。以下同じ。)に変更があ...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 第1号被保険者の届出(法12条1項〜4項、法105条4項、法...

国民年金法 国年法 第1号被保険者の届出(法12条1項〜4項、法105条4項、法附則7条の4,1項)|役に立つ年金知識 日本の年金制度1、第1号被保険者は、厚生労働省令の定めるところにより、その資格の取得及び喪失並びに種別の変更に関する事項並びに氏名及び住所の変更に関する事項を市町村長に届け出なけれ...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 第3号被保険者の届出 届出義務(法12条5項、6項、8項、9...

国民年金法 国年法 第3号被保険者の届出 届出義務(法12条5項、6項、8項、9項、法105条4項)1、第3号被保険者は、厚生労働省令の定めるところにより、その資格の取得及び喪失並びに種別の変更に関する事項並びに氏名及び住所の変更に関する事項を厚生労働大臣に届け出なければならない。ただし、氏名及び住...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 第3号被保険者の届出の特例(法附則7条の3、1項〜4項)

国民年金法 国年法 第3号被保険者の届出の特例(法附則7条の3、1項〜4項)1、第3号被保険者に該当しなかった者が第3号被保険者となったことに関する第12条第5項から第8項までの規定による届出又は第3号被保険者の配偶者が被用者年金各法の被保険者、組合員若しくは加入者の資格を喪失した後引き続き被用者年...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 第3号被保険者期間と重複する厚生年金保険等の加入期間の取扱い

国民年金法 国年法 第3号被保険者期間と重複する厚生年金保険等の加入期間の取扱い|役に立つ年金知識 日本の年金制度附則第7条の3第1項〔第3号被保険者の届出の特例〕の規定は、次の1、2のいずれかに該当する場合において、当該1,2に規定する被保険者期間については、適用しない。1、第3号被保険者としての...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 受給権者の届出(法105条3項、4項)

国民年金法 国年法 受給権者の届出(法105条3項、4項)1、受給権者又は受給権者の属する世帯の世帯主その他その世帯に属する者は、厚生労働省令の定めるところにより、厚生労働大臣に対し、厚生労働省令の定める事項を届け出、かつ、厚生労働省令の定める書類その他の物件を提出しなければならない。2、受給権者の...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 国民年金手帳等(法13条1項)

国民年金法 国年法 国民年金手帳等(法13条1項)|役に立つ年金知識 日本の年金制度厚生労働大臣は、第12条第4項の規定により第1号被保険者の資格を取得した旨の報告を受けたとき、又は同条第5項の規定により第3号被保険者の資格の取得に関する届出を受理したときは、当該被保険者について国民年金手帳を作成し...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 国民年金原簿(法14条)

国民年金法 国年法 国民年金原簿(法14条)|役に立つ年金知識 日本の年金制度年金記録は基礎年金番号という1人1つの番号が割り当てられており、コンピューターで記録を管理している。厚生労働大臣は、国民年金原簿を備え、これに被保険者の氏名、資格の取得及び喪失、種別の変更、保険料の納付状況、基礎年金番号〔...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 被保険者に対する情報の提供(法14条の2)

国民年金法 国年法 被保険者に対する情報の提供(法14条の2)厚生労働大臣は、国民年金制度に対する国民の理解を増進させ、及びその信頼を向上させるため、厚生労働省令で定めるところにより、被保険者に対し、当該被保険者の保険料納付の実績及び将来の給付に関する必要な情報を分かりやすい形で通知するものとする。...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 国庫負担 給付費の負担(法85条1項、(16)法附則19条4...

国民年金法 国年法 国庫負担 給付費の負担(法85条1項、(16)法附則19条4項)国庫は、毎年度、国民年金事業に要する費用(事務の執行に要する費用を除く。)に充てるため、次表左欄に掲げる費用につき、次表右欄に掲げる割合の額を負担する。給付に要する費用の種類国庫負担割合AB1基礎年金(老齢基礎年金、...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 事務費の負担(法85条2項、法86条)

国民年金法 国年法 事務費の負担(法85条2項、法86条)国庫は、毎年度、予算の範囲内で、国民年金事業の事務の執行に要する費用を負担する。政府は、政令の定めるところにより、市町村(特別区を含む。以下同じ。)に対し、市町村長が国民年金法に基づく政令の規定によって行う事務の処理に必要な費用を交付する。国...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 保険料の徴収(法87条1項、2項)

国民年金法 国年法 保険料の徴収(法87条1項、2項) 1、政府は、国民年金事業に要する費用に充てるため、保険料を徴収する。2、保険料は、被保険者期間の計算の基礎となる各月につき、徴収するものとする。保険料の徴収期間保険料は、被保険者(第1号被保険者又は任意加入被保険者)として被保険者期間の計算の基...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 保険料の額(法87条3項)

国民年金法 国年法 保険料の額(法87条3項)保険料の額は、次の表の左欄に掲げる月分についてそれぞれ同表の右側に定める額に保険料改定率を乗じて得た額(その額に5円未満の端数が生じたときは、これを切り捨て、5円以上10円未満の端数が生じたときは、これを10円に切り上げるものとする。)とする。年度区分法...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 付加保険料の納付(法89条2,1項、2項、(16)法附則19...

国民年金法 国年法 付加保険料の納付(法89条2,1項、2項、(16)法附則19条4項、(23)法附則2条5項)1、第1号被保険者(第89条第1項〔法廷免除〕、第90条第1項〔全額免除〕、第90条の3第1項〔学生納付特例〕又は平成16年改正法附則第19条第1項若しくは第2項〔若年者納付猶予〕の規定に...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 納付の辞退(法87条の2、3項、4項)

国民年金法 国年法 納付の辞退(法87条の2、3項、4項)1、付加保険料を納付する者となったものは、いつでも、厚生労働大臣に申し出て、その申出をした日の属する月の前月以後の各月に係る保険料〔既に納付されたもの及び第93条第1項〔保険料の前納〕の規定により前納されたもの(国民年金基金の加入員となった日...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 保険料の納付義務(法88条)

国民年金法 国年法 保険料の納付義務(法88条)1、被保険者は保険料を納付しなければならない。2、世帯主は、その世帯に属する被保険者の保険料を連帯して納付する義務を負う。3、配偶者の一方は、被保険者たる他方の保険料を連帯して納付する義務を負う。第2号被保険者及び第3号被保険者に係る保険料の特例(法9...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 保険料の納付委託(法92条の4、1項)

国民年金法 国年法 保険料の納付委託(法92条の4、1項)次に掲げる者(以下「納付受託者」という。)は、被保険者(1に掲げるものであっては国民年金基金の加入員に、3に掲げる者にあっては保険料を滞納している者であって市町村から国民健康保険法第9条第10項の規定により特別の有効期間が定められた国民健康保...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 保険料の免除 法廷免除(法89条)

国民年金法 国年法 保険料の免除 法廷免除(法89条)(1)被保険者(第90条の2第1項から第3項まで〔4分の3免除、半額免除及び4分の1免除〕の規定の適用を受ける被保険者を除く。)が次の1から3のいずれかに該当するに至ったときは、その該当するに至った日の属する月の前月からこれに該当しなくなる日の属...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 全額免除 法90条1項

国民年金法 国年法 全額免除 法90条1項次の1から5のいずれかに該当する被保険者又は被保険者であった者から申請があったときは、厚生労働大臣は、その指定する期間〔第90条の2第1項から第3項まで〔4分の3免除、半額免除及び4分の1免除〕の規定の適用を受ける期間、平成16年法附則第19条第1項若しくは...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 4分の3免除(法90条の2,1項、(16)法附則19条4項、...

国民年金法 国年法 4分の3免除(法90条の2,1項、(16)法附則19条4項、則77条の2)次の1から5のいずれかに該当する被保険者又は被保険者であった者から申請があったときは、厚生労働大臣は、その指定する期間(第90条第1項〔全額免除〕若しくは次項〔半額免除〕若しくは第3項〔4分の1免除〕の規定...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 半額免除(法90条の2、2項、(16)法附則19条4項、則7...

国民年金法 国年法 半額免除(法90条の2、2項、(16)法附則19条4項、則77条の2)次の1から5のいずれかに該当する被保険者又は被保険者であった者から申請があったときは、厚生労働大臣は、その指定する期間(第90条第1項〔全額免除〕若しくは前項〔4分の3免除〕若しくは次項〔4分の1免除〕の規定の...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 4分の1免除(法90条の2、3項)

国民年金法 国年法 4分の1免除(法90条の2、3項)次の1から5のいずれかに該当する被保険者又は被保険者であった者から申請があったときは、厚生労働大臣は、その指定する期間(第90条第1項〔全額免除〕若しくは前2項〔4分の3免除及び半額免除〕の規定の適用を受ける期間、平成16年法附則第19条第1項若...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 学生納付特例(法90条の3、1項、則77条の2)

国民年金法 国年法 学生納付特例(法90条の3、1項、則77条の2)次の1から5のいずれかに該当する学生等である被保険者又は学生等であった被保険者若しくは被保険者であった者から申請があったときは、厚生労働大臣は、その指定する期間(学生等である期間又は学生等であった期間に限る。)に係る保険料につき、既...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 若年者納付猶予((16)法附則19条1項、2項、則77条の2...

国民年金法 国年法 若年者納付猶予((16)法附則19条1項、2項、則77条の2)平成17年4月から平成37年6月までの期間において、30歳に達する日の属する月の前月までの被保険者期間がある第1号被保険者又は第1号被保険者であった者であって次の1から5のいずれかに該当するものから申請があったときは、...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 保険料の追納(法94条1項、2項、4項、(16)法附則19条...

国民年金法 国年法 保険料の追納(法94条1項、2項、4項、(16)法附則19条4項)1、被保険者又は被保険者であった者(老齢基礎年金の受給権者を除く。)は、厚生労働大臣の承認を受け、法廷免除、全額免除、学生納付特例又は若年者納付猶予の規定により納付することを要しないものとされた保険料及び4分の3免...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 追納の額(法94条3項)

国民年金法 国年法 追納の額(法94条3項)追納すべき額は、当該追納に係る期間の各月の保険料の額に政令で定める額を加算した額とする。国民年金 追納の加算額について追納額の加算は、保険料を納付することを要しないものとされた月(免除月という)の属する年度に属する4月1日から起算して3年を経過した日以後に...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 後納保険料 要件等((23)法附則2条1項〜4項)

国民年金法 国年法 後納保険料 要件等((23)法附則2条1項〜4項)1、平成24年10月1日から起算して3年を経過する日までの間において、国民年金の被保険者又は被保険者であった者(国民年金法による老齢基礎年金の受給権者を除く。)は、厚生労働大臣の承認を受け、その者の国民年金の被保険者期間のうち、国...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 滞納に関する措置 督促(法96条1項〜3項、法102条5項)

国民年金法 国年法 滞納に関する措置 督促(法96条1項〜3項、法102条5項)1、保険料はその他国民年金法の規定による徴収金を滞納する者があるときは、厚生労働大臣は、期限を指定して、これを督促とすることができる。2、1の規定によって督促をしようとするときは、厚生労働大臣は、納付義務者に対して、督促...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 給付の種類(法15条)

国民年金法 国年法 給付の種類(法15条)国民年金法による給付(以下単に「給付」という。)は、次のとおりとする。1、老齢基礎年金2、障害基礎年金3、遺族基礎年金4、付加年金、寡婦年金及び死亡一時金・寡婦年金と独自給付国民年金の給付には、被保険者の種別のいかんを問わずその加入実績に基づき支給される基礎...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 老齢基礎年金 支給要件の原則(法26条(16)法附則19条4...

国民年金法 国年法 老齢基礎年金 支給要件の原則(法26条(16)法附則19条4項)老齢基礎年金は、保険料納付済期間又は保険料免除期間(第90条の3第1項〔学生納付特例〕及び平成16年法附則第19条第1項又は第2項〔若年者納付猶予〕の規定により納付することを要しないものとされた保険料に係るものを除く...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 合算対象期間とは?

国民年金法 国年法 合算対象期間とは?合算対象期間とは、受給資格期間には算入するが老齢基礎年金の額の算定の対象とならない、いわゆる「カラ期間」のことをいいます。年金権の確保と公平性を目的としてものの2種類に分類されます。1、被保険者年金制度加入期間被用者年金制度に加入していた期間のうち合算対象期間と...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 合算対象期間その2

国民年金法 国年法 合算対象期間その2合算対象期間とは、受給資格期間には算入するが老齢基礎年金の額の算定の対象とならない、いわゆる「カラ期間」のことをいいます。被用者年金制度未加入期間被用者年金制度に加入していなかった期間のうち、合算対象期間とされるものは次の4種類に区分できる。・国民年金に任意加入...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 受給資格期間の短縮

国民年金法 国年法 受給資格期間の短縮老齢基礎年金を受給するためには受給資格期間(原則として、保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が25年以上あること)を満たす必要があるが、次の者については、生年月日に応じ受給資格期間が短縮される。これは、つまり年金制度が始まった時にすでに2受給資格期間...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 基本年金額(法27条、(16)法附則10条、(16)法附則1...

国民年金法 国年法 基本年金額(法27条、(16)法附則10条、(16)法附則19条4項)老齢基礎年金の額は、780,900円に改定率を乗じて得た額(その額に50円未満の端数が生じたときは、これを切り捨て、50円以上100円未満の端数が生じたときは、これを100円に切り上げるものとする。)とする。た...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 保険料免除期間の取扱い

国民年金法 国年法 保険料免除期間の取扱い(1)480月を超える月数保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した月数が480(又は加入可能月数)を超えたときには、「保険料4分の1免除期間」については8分の3、「保険料半額免除期間」については4分の1、「保険料4分の3免除期間」については、8分の1となる...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 国民年金免除期間の取扱い 平成21年3月以前の期間

国民年金法 国年法 国民年金免除期間の取扱い 平成21年3月以前の期間平成21年3月以前の各月については、「国庫が3分の1を負担し、残りの3分の2を被保険者本人が負担する(被保険者が納付する保険料を割り充てる)」とされる。例えば、4分の1免除されているということは、保険料の4分の3は納付していること...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 振替加算((60)法附則14条)

国民年金法 国年法 振替加算((60)法附則14条)厚生年金保険などの被用者年金制度においては、老齢・退職を支給事由とする年金給付の受給権者、または、障害を支給事由とする年金給付の受給権者に一定の要件に該当する配偶者がいる場合に当該年金額に加給年金額が加算される。この加給年金額は、加算の対象となる配...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 振替加算の額

国民年金法 国年法 振替加算の額振替加算の額は、224,000円に改定率を乗じて得た額(100円未満の端数は四捨五入した額)に老齢基礎年金の受給権者(妻)の生年月日に応じて定める率(1,000〜0.067)を乗じて得た額となる。振替加算の額(原則の額)=224,700円×改定率×(1,000〜0.0...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 老齢基礎年金 支給繰上げの要件

国民年金法 国年法 老齢基礎年金 支給繰上げの要件年金を受け取りを早めることを繰上げという。繰上げをすると1か月あたり0.5%減額される。老齢基礎年金は通常は65歳から開始だが、60歳から繰り上げすることができる。ただし、年金を繰上げすると色々なデメリットがある。事前に年金事務所で試算をしてデメリッ...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 年金支給の繰上げをしたときの減額率

国民年金法 国年法 年金支給の繰上げをしたときの減額率昭和16年4月1日以前に生まれた者に係る減額率は次のとおりである。繰上げ請求したときの年齢減額率60歳0.42(58%支給)61歳0.35(65%支給)62歳0.28(72%支給)63歳0.20(80%支給)64歳0.11(89%支給)table...

≫続きを読む

国民年金法 国年法 支給の繰下げ

国民年金法 国年法 支給の繰下げ繰下げとは年金の支給を遅くして割り増しで年金を受給することである。繰下げをすると現在は1か月あたり0.7%増額して一生涯増額した年金が受給できる。支給繰下げの要件等(法28条、(60)法附則18条5項)1、老齢基礎年金の受給権を有する者であって66歳に達する※1前に当...

≫続きを読む

国年法 国民年金法 失権等

国年法 国民年金法 失権(法29条)老齢基礎年金の受給権は、受給権者が死亡したときは、消滅する。老齢基礎年金の受給権が消滅するのは、受給権者が死亡したときのみである。旧令共済組合の特例(法附則9条の3)第1号被保険者としての被保険者期間に係る保険料納付済期間、保険料免除期間及び旧陸軍共済組合令に基づ...

≫続きを読む

障害基礎年金 支給要件等

障害基礎年金とは 分かりやすくに関する記事 障害基礎年金支給要件等原則として障害認定日が新法施行日前(昭和61年3月31日以前)にあるときは旧国民年金法の障害年金の対象となり、新法施行日以後(昭和61年4月1日以後)にあるときは新法の障害基礎年金の対象となります。旧法の障害福祉年金は上記とはことなり...

≫続きを読む





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運 扶養親族等申告書