保険者の種類 | 役に立つ 年金知識が満載 国民年金・厚生年金・老齢年金・障害年金・遺族年金・年金アドバイザー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

保険者の種類

 

保険事業の経営主体として、保険給付等の業務を行う者を保険者といいます。
健康保険の保険者は、全国健康保険協会と健康保険組合とする。とされています。
健康保険組合が、その組合員である被保険者を管掌しているのに対し、全国健康保険協会(以下「協会」)は、健康保険組合の組合員でない被保険者の保険を管掌しています。

 

但し、ただし、日雇特例被保険者については、協会のみが保険者となり、健康保険組合は保険者にならない。

 

日雇特例被保険者は全国健康保険協会のみ

 

全国健康保険協会

 

全国健康保険協会は平成20年10月に公法人として設立され、それまで政府が行っていた健康保険組合の組合員でない被保険者に係る健康保険事業は全国健康保険協会が管掌することとなりました。

 

厚生労働大臣が行う業務

被保険者の資格の取得及び喪失の確認、標準報酬月額及び標準賞与額の決定並びに保険料の徴収(任意継続被保険者に係るものを除く)並びにこれらに附帯する業務は、厚生労働大臣が行うものとされています。

 

協会が行う業務

@保険給付に関する業務
A保険事業及び福祉事業に関する業務
Bその他協会が管掌する健康保険の事業に関する業務であって厚生労働大臣が行う業務以外のもの(被保険者証の発行の業務等)
C@〜Bの業務に附帯する業務(レセプトの点検の業務等)
D船員保険法の規定による船員保険事業に関する業務(同法の規定により厚生労働大臣が行う業務を除く)、前期高齢者納付金等、後期高齢者支援者等及び退職者給付拠出金並びに介護納付金の納付に関する業務

 

協会の組織体制

本部と支部

本部は東京都に、支部が各都道府県に設置されています。

 

協会は、非公務員型の法人として設置される保険者であり、職員は公務員ではなく民間職員である。

 

役員

理事長1人、理事6人以内及び監事2人がおかれています。
理事長、監事は厚生労働大臣が任命するが、厚生労働大臣が理事長を任命しようとするときは、あらかじめ、運営委員会の意見を聴かなければならない。また理事は理事長が任命する。

 

運営委員会

事業主及び被保険者の意見を反映させ、教会の業務の適正な運営を図るため、協会の本部には、事業主、被保険者及び学識経験者(計9人以内で各同数を厚生労働大臣が任命)で構成される運営委員会が置かれています。定款の変更、事業計画並びに予算、決算、重要な財産の処分・重大な債務の負担等の重要事項については、理事長はあらかじめ、運営委員会の議を経なければならない。

 

評議会

都道府県ごとの実情に応じた業務の適正な運営に資するため、協会の支部ごとに、事業主、被保険者及び学識経験者(支部長が委嘱)で構成される評議会が設けられており、当該支部における業務の実施について、評議会の意見を聴くものとされています。

 





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

保険者の種類 関連ページ

健康保険法総則
全国健康保険協会の運営

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運