健康保険法 | 役に立つ 年金知識が満載 国民年金・厚生年金・老齢年金・障害年金・遺族年金・年金アドバイザー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

健康保険法記事一覧

健康保険法総則

健康保険法総則健康保険法は、大正11年に制定され、昭和2年(保険給付及び費用の負担に関する規定を除いては大正15年)に施行された日本で最初の社会保険です。目的健康保険法は、労働者の業務外の事由による疾病、負傷若しくは死亡又は出産及びその被扶養者の疾病、負傷、死亡又は出産に関して保険給付を行い、もって...

≫続きを読む

保険者の種類

保険者の種類保険事業の経営主体として、保険給付等の業務を行う者を保険者といいます。健康保険の保険者は、全国健康保険協会と健康保険組合とする。とされています。健康保険組合が、その組合員である被保険者を管掌しているのに対し、全国健康保険協会(以下「協会」)は、健康保険組合の組合員でない被保険者の保険を管...

≫続きを読む

全国健康保険協会の運営

全国健康保険協会の運営全国健康保険協会は毎事業年度、事業計画及び予算を作成し、当該事業年度開始前に、厚生労働大臣の認可を受けなければならず、これを変更しようとするときも、同様とされています。また、協会は、毎事業年度、財務諸表を作成し、これに当該事業年度の事業報告書及び決算報告書を添え、監事及び会計監...

≫続きを読む





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運 扶養親族等申告書