老齢基礎年金 繰下げ|年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

老齢基礎年金の繰下げ

 

老齢基礎年金は厚生労働大臣に申出をすることにより、66歳以降に繰下げをすることができます。

 

老齢基礎年金の繰下げというのは老齢基礎年金を遅く受け取ることです。老齢基礎年金を繰下げすると1か月あたり0.7%年金額が増額してそれが一生涯続きます。

 

 

65歳に達したときに老齢基礎年金の受給権を有する者であって、66歳に達する前に当該老齢基礎年金を請求していなかったものは、厚生労働大臣に、当該老齢基礎年金の支給繰下げの申出をすることができます。

 

ただし、その者が65歳に達したときに障害年金(障害基礎年金、障害厚生年金、傷害共済年金等)又は遺族年金(遺族基礎年金、遺族厚生年金、遺族共済年金等)の受給権者であったとき、または65歳に達した日から66歳に達した日までの間において障害年金または遺族年金の受給権者となったときは、繰下げをすることはできません

 

老齢基礎年金、老齢厚生年金の繰下げは、65歳になる前に特別支給の老齢厚生年金の支給を受けていた人であっても、申出をすることができます。

 

特別支給の老齢厚生年金を受給していた人には、65歳の誕生日の月に65歳用の請求のはがきが届きます。

 

はがきが届いたときに、65歳以降繰下げをしないで、今まで通り継続して受給するか、老齢基礎年金のみ繰下げをするか、老齢厚生年金のみ繰下げをするか、老齢基礎年金も老齢厚生年金も繰下げをするか選択することができます。

 

老齢基礎年金と老齢厚生年金の両方を繰下げするときは65歳のはがきは出さずに、66歳以降70歳までの間の受給希望の時期に請求手続きをします。実際に手続きをする時に繰下げをするか、65歳までの分をさかのぼって受給するか選択をすることができます。

 

 

老齢基礎年金の支給の繰下げの申出をした場合、申し出のあった日の属する月の翌月から、老齢基礎年金の支給が開始されます。

 

 

老齢基礎年金増額率の計算

 

増額率=受給権取得月(65歳到達月)から繰下げ申出月の前月までの月数(上限60月)×0.007

 

70歳まで繰下げをすると年金額は42%増額する。

 

 

1、老齢基礎年金の支給を繰り下げた場合には、振替加算は繰下げをしても増額されません。

 

2、老齢基礎年金の支給を繰り下げた場合には、付加年金も同じ率で増額されます。

 

 

老齢基礎年金の受給権は、受給権者が死亡したときに消滅します。





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運