老齢基礎年金加入期間とは

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

老齢基礎年金加入期間とは

 

老齢基礎年金に必要な加入期間には、国民年金の保険料納付済期間と保険料免除期間のほか、昭和61年3月以前の厚生年金保険などの加入期間で国民年金の保険料納付済期間とみなされる期間や、合算対象期間(カラ期間)が含まれます。

 

保険料納付済期間

保険料納付済期間は、次の期間ををいいます。

 

1、国民年金の第1号被保険者および昭和61年3月以前の国民年金のの被保険者(いずれも任意加入被保険者を含む)期間のうち、保険料を納付した期間

 

2、国民年金の第2号被保険者(厚生年金の被保険者・共済組合等の組合員または加入者)期間のうち、20歳以上60歳未満の期間(ただし、障害基礎年金と遺族基礎年金については、20歳前と60歳以後の期間も保険料納付済期間とされます)

 

3、国民年金の第3号被保険者(厚生年金の被保険者・共済組合等の組合員または加入者の被扶養配偶者)期間

 

4、昭和36年4月から昭和61年3月までの厚生年金保険および船員保険の被保険者期間、共済組合等の加入期間のうち、20歳以上60歳未満の期間(ただし、障害基礎年金と遺族基礎年金については、20歳前と60歳以後の期間も保険料納付済期間とされます)

 

ただし、時効により保険料が徴収できない上記の2、3の期間は、保険料納付済期間とされない。

 

保険料免除期間

 

保険料免除期間とは、保険料の納付を免除された期間を合算した期間で、保険料全額免除期間と保険料半額免除期間および平成18年7月からの保険料4分の3免除期間と4分の1免除期間を合算した期間のことをいいます。

 

保険料全額免除期間には、国民年金法の規定に該当することにより当然に納付を免除された期間(法廷免除期間)、申請によって納付を免除された期間、学生納付特例期間、若年者納付猶予期間があります。

 

また、保険料半額免除期間、保険料4分の3免除期間および保険料4分の1免除期間は、申請により保険料の半額、4分の3および4分の1について納付を免除された期間のことです。

 

ただし、学生納付特例期間および若年者納付猶予期間は、老齢基礎年金の年金額には反映されません。

 

合算対象期間(カラ期間)

 

合算対象期間(カラ期間)とは、次の期間をいいます。なお、この合算対象期間(カラ期間)は、老齢基礎年金の年金額には反映されません。

 

(1)被用者年金制度の加入者(厚生年金保険の被保険者(昭和61年3月までの船員保険の被保険者も含む)および共済組合等の加入者)の場合

 

1、昭和36年4月以後の被用者年金制度の加入者期間のうち20歳未満と60歳以後の期間

 

2、昭和36年3月以前の厚生年金保険・船員保険の被保険者期間(昭和36年4月以後に公的年金の加入期間がある人に限る)

 

3、昭和36年4月まで引き続いている昭和36年3月以前の共済組合の組合員の期間

 

※上記1〜3は経過的加算の対象となる。

 

4、厚生年金保険・船員保険の脱退手当金を受けた期間のうち、昭和36年4月以後の期間(昭和61年4月から65歳に達する日の前月までの間に保険料納付済期間(免除期間)がある人に限る)

 

※共済組合が支給した退職一時金の計算の基礎になった昭和36年4月から昭和61年3月までの期間については、保険料納付済期間とみなされる場合と、合算対象期間とされる場合がある。

 

※昭和6年4月2日以後に生まれ、昭和61年3月31日に共済組合の退職年金または減額退職年金の受給権がある人については、その退職年金等の算定の基礎になっている組合員期間のうち昭和36年4月以後の期間は合算対象期間とされます。

 

(2) 被用者年金制度の加入者の配偶者などの場合

 

1、被用者年金制度の配偶者の期間(昭和36年4月〜昭和61年3月まで)は、厚生年金保険、船員保険および共済組合の加入者の配偶者で20歳以上60歳未満の人は国民年金は任意加入の扱いになっていましたが、任意加入しなかった期間は合算対象期間になります。

 

2、年金受給者とその配偶者などの期間(被用者年金制度等から支給される老齢(退職)年金受給権者とその配偶者、老齢(退職)年金の受給資格期間を満たした人とその配偶者、障害年金受給権者とその配偶者、遺族年金受給権者)は、国民年金の任意加入者となっていましたので、これらの人で任意加入をしなかった昭和36年4月以後で20歳以上60歳未満の期間は合算対象期間とされています。

 

※昭和61年4月以後に国民年金の任意加入の扱いとなるのは上記のうち、老齢(退職)年金受給権者(恩給などの受給者も含む)に限られます。

 

(3) 海外在住者、学生などの期間

 

1、学生、海外在住者など、国民年金に任意加入できる期間などのうち、国民年金の被保険者とならなかった期間(昭和36年4月以後で20歳以上60歳未満の期間に限る)

 

※学生は、平成3年4月1日から強制加入の第1号被保険者となっています。

 

2、昭和61年3月までに国民年金の任意脱退(60歳に達するまでに被保険者期間が25年にならないため国民年金を脱退)の承認を受けて、国民年金の被保険者とならなかった期間

 

3、国会議員であった期間(60歳以上の期間を除く)のうち、昭和36年4月から昭和55年3月までの期間

 

4、日本国籍を取得した人または永住許可を受けた人などの在日期間のうち国民年金適用除外とされていた昭和36年5月1日から昭和56年12月31日までの20歳以上60歳未満の期間

 

5、日本国籍を取得した人または永住許可を受けた人などの海外居住期間のうち昭和36年4月1日から日本国籍を取得した日などの前日まで20歳以上60歳未満の海外在住期間

 

(4) 昭和61年4月以後の新法対象者の期間

 

1、昭和36年4月1日から昭和61年3月31日までの任意加入未納期間

 

2、昭和61年4月1日から平成3年3月31日までの任意加入未納期間

 

3、昭和61年4月1日から平成26年3月31日までの任意加入未納期間(昭和61年4月1日から平成3年3月31日までの任意加入未納期間のうち、学生であった期間を除く)

 

4、平成26年4月1日以後における任意加入未納期間





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運