年金を受けるために必要な期間(受給資格期間)とは|年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

老齢基礎年金、年金を受けるために必要な期間(受給資格期間)とは

 

国民年金保険料を納めた期間(保険料免除期間、若年者納付猶予期間、学生納付特例期間を含む)が25年以上ある方が、原則として65歳になってから受けられるのが老齢基礎年金です。

 

年金を受けるためには、下記1から6を合計として、原則25年以上の期間が必要です。

 

1、国民年金保険料を納めた期間

 

2、国民年金保険料の免除(全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除)を受けた期間
4分の3免除、半額免除、4分の1免除の期間のうち、一部納付保険料を納付しなかった期間は除かれます。

 

3、若年者納付猶予や学生納付特例を受けた期間

 

4、合算対象期間(国民年金に任意加入できる方が任意加入しなかった期間など)

 

5、昭和36年4月以後の厚生年金の被保険者期間または共済組合の組合員期間

 

6、第3号被保険者であった期間

 

合算対象期間(カラ期間)とは

 

1、昭和36年4月から昭和61年3月までの間で配偶者が厚生年金、共済年金に加入していて、本人が未加入だった期間(20歳から60歳までの期間に限る)

 

2、学生であって、昭和36年4月から平成3年3月までの間で、国民年金に任意加入しなかった期間(20歳から60歳までの期間に限る)

 

3、昭和36年4月以後の20歳から60歳までの間で日本国籍を持つ方が海外に在住していた期間

 

4、昭和36年4月以後の厚生年金の期間で脱退手当金を受けた期間(昭和61年4月以後に免除を含む保険料納付済期間を有する場合に限る)や共済年金の退職一時金を受けた期間。

 

5、昭和36年4月以後に公的年金加入期間があり、その期間と通算した期間が1年以上であるときは、昭和36年4月前の期間は通算対象期間となります。

 

などがあります。

 

老齢基礎年金受給資格期間の特例

 

年金加入期間が25年に満たない場合でも受給資格期間を満たす場合があります。

 

1、昭和26年4月1日以前に生まれた方の特例

 

昭和26年4月1日以前に生まれた方は、男性は40歳以降、女性は35歳以降の厚生年金の加入期間が生年月日に応じて一応の期間以上あれば、老齢基礎年金の受給資格があります。

 

昭和22年4月1日以前→15年(180月)

 

昭和23年4月1日以前→16年(192月)

 

昭和24年4月1日以前→17年(204月)

 

昭和25年4月1日以前→18年(216月)

 

昭和26年4月1日以前→19年(228月)

 

2、昭和31年4月1日以前に生まれた方の特例

 

昭和31年4月1日以前に生まれた方は、厚生年金または共済年金の加入期間が生年月日に応じて一定の期間以上あれば、老齢基礎年金の受給資格があります。

 

昭和27年4月1日以前→20年(240月)

 

昭和28年4月1日以前→21年(252月)

 

昭和29年4月1日以前→22年(264月)

 

昭和30年4月1日以前→23年(276月)

 

昭和31年4月1日以前→24年(288月)

 

 





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運