年金記録漏れがあった場合どうすればよいか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

年金記録漏れがあった場合どうすればよいか?

 

年金記録漏れというのはよくあることです。昔年金記録は紙で管理していました。現在はコンピューターで管理していますが、紙で管理していたため、たとえば結婚前の名字の記録と結婚後の名字で別々の人として年金記録が管理されていたり、会社ごとに年金番号がわかれていたり、国民年金と厚生年金で年金番号がわかれていたり、そんな時代がありました。

 

平成9年1月1日から基礎年金番号制度というのが始まり、一人一つの基礎年金番号で現在のようにきちんと記録を管理していますが、それでも年金番号がわかれているままなにも手続きをしないでそのままほうっておいたら、ある日年金の記録の通知が届いてびっくり、なんてもこともありえないわけではありません。

 

記録が漏れていた場合は年金事務所に相談する、ねんきん定期便についている回答票い書いて送る、年金手帳が2つあれば年金事務所で年金記録を1つにまとめる手続きをしてくれます。

 

とにかく自分の年金記録によって将来受け取る年金額が決まってしまうわけなので、一度は自分の年金記録を真剣に確認し、加入しているのに未加入になっている期間とか、国民年金納めているのに未納になっている期間とかがあったら疑ってかかってみるべきだと思います。

 

今はねんきんネットといって日本年金機構のホームページから登録するとパソコンやスマートフォンで年金記録を確認できるようになっています。将来の年金見込み額を計算したりできるようになっていたり、自分の年金の履歴表を作ったりできるようになっています。

 





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運