障害者が請求できる障害年金という制度がある

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

障害者が請求できる障害年金という制度がある

 

障害者が請求できる障害年金という制度があります。障害年金には受給資格というのがあります。

 

障害年金を受給するには障害のきっかけとなる最初にお医者さんにいったときに年金に加入している必要があります。

 

初診日に国民年金、厚生年金、共済年金に加入中であること。

 

しかも納付要件というのがあり、一定の条件を満たしている必要があります。

 

初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの直近1年間に未納期間がないことなどというのがあります。

 

いくら年金に加入していても未納のままにしておくと障害年金を受給するチャンスを逃してしまう可能性があるので、納付が難しい場合でもせめて免除の手続きをしたほうがいいと思います。

 

遺族年金の場合も亡くなった人が年金をきちんと払っていないとあとに残された配偶者などが遺族年金を受給できなくなる場合がありますのでやはり年金はきちんとおさめておいたほうがいいと思います。

 

あと、遺族年金を受給することを考えると結婚していることと国民年金よりは厚生年金、共済年金に加入しておいたほうがよいと思います。

 

国民年金の場合、遺族基礎年金は子供がいないと受給できないし、子供がいたとしても18歳年度末まであるいは障害等級1,2級の子供がいても20歳未満までなので、やはり厚生年金、共済年金のほうが国民年金よりもお得だと思います。

 

厚生年金だと保険料は会社が半分負担してくれますが、国民年金は保険料は全額自分で納付しなければなりません。なので、働くのであれば厚生年金に入って保険料を払ったほうが将来のためにはよいと思います。

 





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運