年金と資産運用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

年金と資産運用記事一覧

確定拠出年金の運用益は非課税

確定拠出年金(401K)の運用益は非課税普通の金融商品は、運用益の20%は課税されますが、確定拠出年金(401K)の運用益は非課税なので、税金で引かれるはずの運用益も再投資できるので、福利効果が絶大です。

≫続きを読む

厚生年金基金制度

厚生年金基金制度厚生年金基金とは、昭和40年に厚生年金保険法が改正されたときに制度化(昭和41年10月施行)された「企業年金」です。厚生年金基金制度の特色は、国の老齢厚生年金の給付のうちスライド分(物価変動や賃金の変動による年金額改定分)を除いた報酬比例部分の給付を国に代わって行います。国の厚生年金...

≫続きを読む

厚生年金基金制度 免除保険料

厚生年金基金制度 免除保険料再評価分および物価スライド分を除いた報酬比例部分の年金を代行するための費用は、それぞれの基金の平均年齢などに応じて標準報酬月額および標準賞与額の1000分の24〜1000分の50の範囲で厚生年金保険料の一部を譲り受け、これを基金が上乗せの給付の原資とともに運用します。国の...

≫続きを読む

キャッシュバランスプラン

キャッシュ・バランス・プラン確定拠出年金(将来に受け取る年金額のための掛金等の支払い費用の総額等が前もって決まっている年金)と確定給付年金(将来に受け取る年金額の水準が前もって決まっているため、年金資産の運用の低迷が続いたりすると、掛金の引き上げ等が必要とされる年金)の両方の特性を併せ持つのが、キャ...

≫続きを読む

確定拠出年金

確定拠出年金自己責任で運用を行う企業や個人が拠出した一定の掛金を運用管理機関を通して自己責任で運用の指図を行い、その運用結果に基づいた元利合計額を高齢期に年金として受け取るしくみが核的拠出年金で、日本版401kと呼ばれることもあります。積立金が個人管理なので、転職の際持ち運ぶことができる(ポータビリ...

≫続きを読む

厚生年金基金制度の見直し

厚生年金基金制度の見直し平成25年6月19日、厚生年金基金制度の見直しを主な内容とする公的年金制度の健全性及び信頼性の確保のための厚生年金保険法等の一部を改正する法律が成立し、平成26年4月1日に施行されました。この改正法は、厚生年金基金を財政状況に応じて分類し、それぞれの

≫続きを読む





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運 扶養親族等申告書