共済年金の支給開始年齢は男子も女子も同じ|年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

共済年金の支給開始年齢は男子も女子も同じ

 

共済年金の支給開始年齢は男性も女性も同じ年齢です。厚生年金の男性と同じです。
厚生年金の女性の場合は支給開始年齢は5歳差となっています。

 

例えば、共済年金と厚生年金に加入している女性は、例えば厚生年金は61歳から定額部分が発生するのに、共済年金は、63歳まで定額部分がもらえないという例も出てきます。

 

厚生年金は60歳からもらえるけど、共済年金は61歳からということもありえます。

 

男性の場合は共済年金も厚生年金の支給開始年齢は同じです。

定額部分

支給開始

昭和16年4月1日以前

60歳

昭和16年4月2日〜昭和18年4月1日

61歳

昭和18年4月2日〜昭和20年4月1日

62歳

昭和20年4月2日〜昭和22年4月1日

63歳

昭和22年4月2日〜昭和24年4月1日

64歳

昭和24年4月2日〜

65歳

 

報酬比例

支給開始

昭和28年4月1日以前

60歳

昭和28年4月2日〜昭和30年4月1日

61歳

昭和30年4月2日〜昭和32年4月1日

62歳

昭和32年4月2日〜昭和34年4月1日

63歳

昭和34年4月2日〜昭和36年4月1日

64歳

昭和36年4月2日〜

65歳

つまり、昭和36年4月2日以降に生まれた人は共済年金の支給開始年齢は65歳からとなります。
役所関係の職場で働く一般公務員の退職日は定額部分の支給開始年齢に達した年齢の年度末となっている場合が多いそうです。





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運