国民年金免除|年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

国民年金記事一覧

国民年金免除申請が2年さかのぼって申請できるようになりました。

国民年金免除申請が2年さかのぼって申請できるようになりました。今まで国民年金の免除申請は年度内までしかさかのぼることができなかったのですが、平成26年4月から2年1か月前までさかのぼれるようになりました。学生納付特例でも2年1か月前までさかのぼって申請できます。例えば平成24年3月分の免除申請は平成...

≫続きを読む

国民年金を未納のままにしておくともらえる年金がもらえなくなる?

国民年金を未納のままにしておくともらえる年金がもらえなくなる?国民年金を未納のままにしておくと、障害年金、遺族年金の受給に影響を与えます。障害年金にはいくつか受け取るために条件があり、条件の1つに国民年金、厚生年金、共済年金に加入していることというのがあります。あと、初診日(最初にお医者さんに見ても...

≫続きを読む

国民年金納付方法には口座振替、納付書、クレジットカード、電子納付の4種類あります

国民年金納付方法には口座振替、納付書、クレジットカード、電子納付の4種類あります国民年金は口座振替、納付書、クレジットカード、電子納付で納付できます。ただし追納や後納は納付書での納付になります。1 納付書で納付毎月の保険料は納付期限(翌月末日)までにおさめます。国民年金保険料はコンビニ、銀行、郵便局...

≫続きを読む

付加年金は2年で元が取れるのでお得

付加年金は2年で元が取れるのでお得付加保険料は国民年金第1号被保険者の方のみ加入できるのですが、国民年金保険料のほかに400円多くかかるのですが、実際に年金を受給すると1か月あたり200円年金として支払われるため、たった2年で元が取れてしまいます。例えば付加保険料を2年間かけたとします。そうすると支...

≫続きを読む

海外に居住することになった場合の国民年金任意加入について

海外に居住することになった場合の国民年金任意加入について海外に居住することになったときは日本国籍であれば国民年金に任意加入することができます。任意加入をするには手続きが必要です。手続き方法はケースバイケースです。これから海外に居住する人→お住いの市区町村窓口現在海外に居住されている人→日本国内におけ...

≫続きを読む

国民年金の保険料を納めるのが困難な時はどうすればいいですか?

国民年金の保険料を納めるのが困難な時はどうすればいいですか?国民年金の保険料を納めるのが困難な時は国民年金の免除制度の手続きができます。国民年金の免除制度には、法廷免除と申請免除があります。法廷免除は生活保護、障害等級1、2級の人などが対象です。法廷免除は20年以上前のでもさかのぼって申請することが...

≫続きを読む

国民年金の第3号被保険者とはどんな人?

国民年金の第3号被保険者とはどんな人?国民年金の第3号被保険者はサラリーマンの妻とか公務員の妻のことをいいます。サラリーマンや公務員の夫の健康保険の被扶養者となっている20歳以上60歳未満の妻を第3号被保険者といい、保険料は制度全体が負担しているので保険料をおさめなくても老齢基礎年金を受給できます。...

≫続きを読む

平成26年4月から任意加入未納期間が受給資格期間に含まれます

平成26年4月から任意加入未納期間が受給資格期間に含まれます平成26年4月から任意加入未納期間が受給資格期間に含まれるようになりました。国民年金の任意加入未納期間って何かといいますと、たとえばサラリーマンの妻が昭和61年3月以前の任意加入期間に任意加入をしていたのに、納付をしていなかった期間があった...

≫続きを読む

付加年金

付加年金付加年金の支給要件付加年金は、付加保険料に係る保険料納付済期間を有する者が老齢基礎年金の受給権を取得したときに、その者に支給されます。付加年金は、老齢基礎年金が支給停止の時は支給停止されます。付加年金の年金額付加年金の額は、200円に付加保険料に係る保険料納付済期間の月数を乗じて得た額となり...

≫続きを読む

死亡一時金

死亡一時金死亡一時金とは、第1号被保険者として36月以上保険料を納付(4分の1免除期間、半額免除期間及び4分の3免除期間については、それぞれ保険料納付済期間の4分の3、2分の1及び4分の1の期間として計算)した人が、老齢基礎年金又は障害基礎年金の支給を受けずに死亡し、かつ、遺族基礎年金も支給されない...

≫続きを読む

年金額の改定

年金額の改定年金(付加年金は除く)の額は、賃金の伸びに応じて増えていくことになりますが、現在の年金額の調整期間においては、公的年金の加入者総数(負担者)の減少や平均寿命の伸びを年金額の改定に反映させるため、その分賃金(物価)の伸びより低く抑えられます。このしくみをマクロ経済スライドといいます。ただし...

≫続きを読む

受給権者の申出による支給停止、年金の支給期間、年金の支払期月、死亡の推定、失踪宣...

受給権者の申出による支給停止年金給付(その全額につき支給停止されているものを除く)は、その受給権者の申出により、その全額(その額の一部につき支給を停止されているときは、停止されていない部分の額)の支給が停止されます。支給停止の申出はいつでも撤回できるが、その場合は撤回前の期間にさかのぼって支給を受け...

≫続きを読む

未支給年金と受給権の保護、年金の担保について

未支給年金と受給権の保護、年金の担保について未支給年金未支給年金の請求年金給付の受給権者が死亡した場合において、その死亡した者に支給すべき年金給付でまだその者に支給しなかったものがあるときは、その者の配偶者、子、父母、孫、祖父母または兄弟姉妹等であって、その者の死亡の当時その者と生計を同じくしていた...

≫続きを読む

年金の支払い調整と遺族年金併給調整、厚生年金併給調整、障害年金併給調整

年金の支払い調整と遺族年金併給調整、厚生年金併給調整、障害年金併給調整内払処理次の場合、その支払われた乙年金は、甲年金の内払とみなします。1、乙年金の受給権者が甲年金の受給権を取得したため乙年金の受給権が消滅した場合において、乙年金の受給権が消滅した日の属する月の翌月以降の分として、乙年金の支払が行...

≫続きを読む

年金が併給されない場合と併給される場合

年金が併給されない場合と併給される場合併給されない場合国民年金の年金給付は、その受給権者が他の国民年金の年金給付を受けることができるときは、それらの年金給付が老齢基礎年金と付加年金である場合を除き、その間、その支給が停止されます。したがって、この場合、いったん両方の年金給付が同時に支給停止されます。...

≫続きを読む

特殊的調整、給付制限、一時差止め

特殊的調整、給付制限、一時差止め不正利得の徴収偽りその他不正の手段により給付を受けた者があるときは、厚生労働大臣は、受給権に相当する金額の全部又は一部をその者から徴収することができる。とされています。給付制限絶対的給付制限故意に障害又はその直接の原因となった事故を生じさせた者の当該障害については、こ...

≫続きを読む

国民年金基金

国民年金基金国民年金基金は、ゆとりある老後を送ることをめざし、第1号被保険者の老齢基礎年金に上乗せの年金を支給する組織です。また、国民年金基金は、その加入員又は加入員であった者の老齢に対し、年金の支給をすることに併せ、その死亡に対し、一時金の支給も行っています。ただし、中途脱退者(加入期間が15年未...

≫続きを読む

国民年金基金の解散

国民年金基金の解散国民年金基金は次に掲げる事由により解散します。1、代議員の定数の4分の3以上の多数による代議員会の議決2、基金の事業の継続の不能3、厚生労働大臣による解散の命令1または2により解散をする場合は、厚生労働大臣の認可を受けなければなりません。国民年金基金の加入員第1号被保険者は、その者...

≫続きを読む

国民年金基金の給付水準

国民年金基金の給付水準1、少なくとも、加入員であった者が老齢基礎年金の受給権を取得したときに支給されること2、老齢基礎年金の受給権者に支給する年金は、老齢基礎年金の受給権の消滅事由(死亡)以外の事由によって、受給権を消滅させないこと3、老齢基礎年金の受給権者に支給する年金額は、200円に基金の加入員...

≫続きを読む

不服申立て、年金の時効について

不服申立て被保険者の資格に関する処分、給付に関する処分又は保険料その他国民年金法の規定による徴収金に関する処分に不服がある者は、社会保険審査官に対して審査請求をし、その決定に不服がある者は、社会保険審査会に対して再審査請求をすることができる。また、審査請求をした日から60日以内に決定がないときは、審...

≫続きを読む

平成26年4月から国民年金保険料の免除申請可能期間が2年1か月前までさかのぼれる...

平成26年4月から国民年金保険料の免除申請可能期間が2年1か月前までさかのぼれるようになった国民年金保険料免除申請可能期間が平成26年4月から拡大され、申請日より原則2年1か月前までさかのぼって申請できるようになりました。失業などの特例免除の対象期間も拡大災害や失業等を理由とした免除は、災害や失業等...

≫続きを読む

若年者納付猶予制度(じゃくねんしゃのうふゆうよせいど)も申請日より原則2年1か月...

若年者納付猶予制度(じゃくねんしゃのうふゆうよせいど)も申請日より原則2年1か月前までさかのぼって申請できます若年者納付猶予制度は30歳未満の人が利用できる納付猶予制度です。保険料を納めることが困難な時は、承認されると国民年金の保険料が猶予されます。保険料の納付期限から2年を経過していない期間は遡っ...

≫続きを読む

国民年金の歴史。国民年金が始まったのはいつからですか?

国民年金の歴史。国民年金が始まったのはいつからですか?国民年金がスタートしたのは昭和36年4月からです。25年後の昭和61年4月に年金制度の改正が行われ、65歳になると老齢基礎年金がもらえるようになりました。40年後の平成13年4月から、老齢基礎年金の繰上げ支給の制度が改善されたので、多くの人が繰上...

≫続きを読む

国民年金の第3号被保険者とは?

国民年金の第3号被保険者とは?サラリーマンの妻のことを第3号被保険者といいます。国家公務員や地方公務員などの妻も同じく第3号被保険者といいます。サラリーマンである夫の健康保険の被扶養者となっている20歳以上60歳未満の妻を第3号被保険者といい、保険料を納めなくても保険料を納めたことになり、受給資格期...

≫続きを読む

国民年金の寡婦年金、死亡一時金の基礎知識

国民年金の寡婦年金、死亡一時金の基礎知識寡婦年金1、死亡した夫が第1号被保険者として25年、保険料を納付(免除も含む)をしていること(昭和5年4月2日あとに生まれた人)2、死亡した夫が、国民年金の障害基礎年金をもらっていないこと。また、老齢基礎年金の繰上げ支給をしていないこと。3、死亡まえ「10年以...

≫続きを読む

国民年金第1号被保険者の保険料

国民年金第1号被保険者の保険料平成16年年金改正で、国民年金保険料は毎年280円ずつ引き上げられ、平成29年度以降は16900円で固定されることになりました。平成26年度の保険料は月額15250円で、原則翌月末までに納めます。平成26年度は法廷国民年金保険料16100円に保険料改定率0.947を乗じ...

≫続きを読む

国民年金保険料の免除には全額免除と一部免除(4分の3免除、半額免除、4分の1免除...

国民年金保険料の免除には全額免除と一部免除(4分の3免除、半額免除、4分の1免除)がある(多段階免除制度)第1号被保険者(自営業、学生など)の人で、所得が少ない時や、失業等により保険料を納めることが困難な時、申請して承認されると保険料が免除されます。免除された期間は、老齢基礎年金の受給資格期間に算入...

≫続きを読む

国民年金第1号被保険者 若年者納付猶予制度

国民年金第1号被保険者 若年者納付猶予制度30歳未満で、本人及び配偶者の所得が一定額以下(全額免除基準と同額)の場合、国民年金保険料免除・納付猶予申請書で申請を行い承認されれば保険料の納付が猶予されます(平成37年6月末までの時限措置)。承認期間は申請免除と同じで、翌年度以降の継続申請もできます。学...

≫続きを読む

国民年金免除 継続申請についての質問

国民年金免除 継続申請についての質問平成26年5月に柏市から松戸市に引っ越しをしました。毎年全額免除の継続申請をしていて、毎年申請をしなくても審査が行われていたのですが、今年は審査結果が9月になっても届きません。改めて免除申請が必要ですか?今年の納付書は届いていません。A、国民年金免除の継続申請をし...

≫続きを読む

国民年金 保険料の納め方

国民年金 保険料の納め方国民年金の納め方は4通りあります。1、納付書(現金)で納付2、口座振替で納付3、インターネット等で納付4、クレジットカードで納付1、納付書(現金)で納付毎月の保険料は納付期限(翌月末日)までに納めます。日本年金機構から送付される納付書で、全国の銀行、郵便局、農協、漁協、信用組...

≫続きを読む

国民年金 学生納付特例制度とは?

国民年金 学生納付特例制度とは?学生納付特例制度とは、在学期間中の保険料を社会人になってから納めることができる制度です。学生納付特例は申請日より、原則2年1か月前までさかのぼって申請できます。申請手続きは、お住まいの市区町村の国民年金担当窓口や年金事務所でできます。手続は郵送でも可能です。ただし、期...

≫続きを読む

国民年金 保険料免除・若年者納付猶予・学生納付特例ポイント

国民年金 保険料免除・若年者納付猶予・学生納付特例ポイント国民年金の受給要件を見るときの違い老齢基礎年金を請求するときには全額免除受給資格期間に入ります4分の1納付(4分の3免除)保険料の4分の1を納めると受給資格期間に入ります半額納付(半額免除)保険料の半額を納めると受給資格期間に入ります4分の3...

≫続きを読む

国民年金 任意加入被保険者(希望すれば加入できる方の保険料)

国民年金の任意加入希望の場合は市区町村役場の国民年金担当窓口でできます60歳から任意加入される方任意加入をするときは、市区町村の国民年金担当窓口に申し出ることになっています。年金額を満額に近づけたい方や年金の受給資格期間(25年以上)に不足している方はぜひご利用ください。また、任意加入は1年でも2年...

≫続きを読む

国民年金における外国人適用について

国民年金における外国人適用について住民基本台帳法の一部改正により、平成24年7月9日以降は、中長期在留者等適法に3か月を超えて在留する外国人で、住民基本台帳の適用対象となり、住民登録されるもの等については国民年金の適用対象者とされることとなった。被保険者の資格に関する事項は次のとおりである。1、適用...

≫続きを読む

控除証明書 2年前納の場合の社会保険料控除について

控除証明書 2年前納の場合の社会保険料控除について2年前納により納めた国民年金保険料を所得より控除する場合 (1)全額を納めた年に控除 (2)各年分の保険料に相当する額を各年に控除のいずれかを選択できるようになります。平成26年に2年前納分全期間を今年控除するか、平成27年分は27年、平成28年分は...

≫続きを読む

国民年金一番お得な納付方法とは?

国民年金一番お得な納付方法とは?国民年金一番お得な納付方法とは2年前納です。2年前納は2月末までに申し込みが必要です。2年前納の次にお得なのは1年前納です。1年前納でも納付書での納付よりも口座振替の1年前納の方がお得です。クレジットカード払いで1年前納をすると納付書で1年前納したときと同じぐらいお得...

≫続きを読む

国民年金免除期間に係る保険料取扱いの改善

国民年金免除期間に係る保険料取扱いの改善国民年金前納保険料の還付が可能になった国民年金の保険料を前納した後に法廷免除に該当するようになった場合に、前納した保険料のうち免除に該当した月分以後の分に係るものについては、還付が可能となった(全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除、学生納付特例期間及...

≫続きを読む





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運 扶養親族等申告書